フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

転職を考えているあなたへ!職場に裏切りだと思われず退職する方法をご紹介!

あなたは転職することを裏切りだと感じて悩んでいますか?

ここでは、そんな悩みを取り除ける考え方を解説しています。
なぜ裏切りにはならないのか、競合他社への転職の場合、具体的な裏切りと思われないようにするポイントの解説、あなたには職を選ぶ権利があるということ、感情には流されない、などの内容をわかりやすくお伝えします。

安心してください。裏切りではありませんよ。

 


 

 

 

転職は裏切り行為じゃない

まずは転職は裏切り行為じゃないということをお伝えしますね。
思い悩んでる方も、肩の力を抜いてリラックスしてください。

ではなぜ裏切りではないと言えるのでしょう?

裏切りだと言うのは主に先輩や上司だと思います。
裏切りだと言われ、仮に退社を思いとどまったとして、その先輩や上司が何かしてくれるでしょうか?
転職を考えるまでのあなたの理由はいろいろあると思います。
残業や休日出勤に疲れてしまった、よりやりがいのある仕事を見つけてしまった、より給料の良い職場を見つけてしまった、など様々です。

ここで考えてみてほしいのです。

その先輩や上司は、あなたの残業や休日出勤を肩代わりしてくれますか?
その先輩や上司は、あなたによりやりがいのある仕事を与えてくれますか?
その先輩や上司は、あなたの給料を上げてくれますか?

答えはおそらく「NO」だと思います。


だったら、そんなこと言われる筋合いはないのではないですか?
気にせずに受け流しておけばそれで大丈夫です。
安心して転職活動を続けましょう。
 

 

競合他社への転職

前回は、転職は裏切り行為ではないということを伝えさせてもらいましたが、競合他社への転職の場合どうでしょうか?

もちろん答えは変わらないのですが、競合他社に転職する場合は裏切りであることを自分の中で認めてしまう、割り切る事が重要になってくると言えるでしょう。
もちろん、違法行為ではないので堂々としておくことが大事です。

ここで気をつけていただきたいのが、うそをついて転職すると信用を失ってしまい。転職後にも尾を引く結果となる場合があるので危険です。
もちろん全てを正直に話せというわけではありませんが、安易なうそは自分を貶める事になってしまいますので注意してください。

 

 

裏切りと思われないようにするポイント

ではここで、裏切りと思われないようにするポイントをご紹介させていただきます。
少しでも参考になれば幸いです。
 

在職中の転職活動について

まず基本中の基本ですが、ばれないようにこっそり進めることが大事です。
なかなか難しいこともあると思いますが、出来るだけ穏便に話を進める上で重要なことになってきますので、在職中の転職活動については細心の注意を払いましょう。

ただ、在職中の転職活動を行うこと自体には何ら問題はありません。
下の表をみてください。


引用:あなたが内定を獲得していた時の状態は?

 
およそ8割弱の人たちが在職中に転職活動を行っていることが分かります。
安心して転職活動を進めてくださいね。

参考:

【人事が語る】転職は働きながら行った方がいい?それとも一回やめた方がいい?
 

退職願の提出のタイミング

退職願の提出のタイミングについてですが、最低でも1か月以上の余裕をもって提出しましょう。
これは、あなたが抜けた仕事の穴埋めや人員の確保などを企業側が行わなければならないからです。
そういった引継ぎのスケジュールがはっきりしていると、次の転職先から「いつからこちらに勤務できますか?」と聞かれた際、スムーズに対応できることでしょう。
 

引継ぎなどはしっかりと行う

裏切りではないことをきちんとアピールするためにも、退職する上で重要なことには手を抜かないことが重要であると言えます。
これを怠れば、相手からすると「仕事を押し付けられた」ように感じてしまいますし、きっちりした引継ぎを行うことで「やめていくには惜しい人だ」という評価につながります。
評価されていれば裏切りとはなかなか言われないものです。

 

あなたは職を選ぶ権利がある!

そうです。あなたには職を選ぶ権利があるのです。
法に触れる事もない、まっとうなことをしているのだからビクビクする必要はないんです。
やましいと思う気持ちがあるから悩んでしまうのです。

あなたは何も間違ったことはしていません。
自分の権利というものをきちんと認識して転職活動を行っていきましょう。

 

感情には流されない

どんなに嫌な会社でも、入社時代からお世話になった先輩や上司は居るものです。
ああ、あの先輩にあんなことしてもらったな、この上司にはこんなことでお世話になったな、と感傷に浸るのは大いに結構です。
しかし、そこでなんとなく気が引けてしまい、転職を諦めたらあとで後悔することになるのはあなたでしょう。

出会いがあれば別れもあります。
それだけ素晴らしい先輩や上司なら、転職後も裏切りなどとは思わずにお付き合いする事が出来るでしょう。
なんとなく芽生えてしまった感情に流されないように注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 転職は裏切り行為じゃない
  • 裏切りと思われないように気配りはきちんとする
  • あなたには職を選ぶ権利がある
  • 感情には流されないように


ということを肝に銘じておけば、きっとあなたの転職活動はうまくいくことでしょう。

良い先輩や上司ほど、新しい門出を祝福してくれます。
転職が、あなたに良い転機をもたらしますよう。