フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

面接前に必読!転職活動の際の名刺の扱いについて解説!



ビジネスマナーでよく不安になるのが「名刺交換」ですね。今回は転職活動における名刺交換の作法について解説します。

筆者は人材ベンチャーで数多くの企業様・候補者支援を行うと共に、実際に企業人事としても採用に携わってきました。この経験を元に、転職活動における名刺作法についてお伝えできればと思います。

 

 

 

転職活動の面接って名刺は必要?

まず大前提、転職活動の面接に名刺は必要かということですが、結論から言いますと不要です。

本記事を読んでいらっしゃるほとんどの方が、会社員としての転職活動を行っているかと思います。名刺交換というのは在籍証明および、その会社同士での挨拶のようなものです。つまりほとんどが企業同士のビジネスの場で行われるものですね。

しかし転職活動は、企業と個人の間で行われるものです。そのため個人側から名刺を差し出す必要はありません。また個人としての証明書としては、別途履歴書・職務経歴書を提出しているはずです。名刺交換という紹介書を二重に提出する必要はないのです。

 

面接官から渡されることも

もちろん面接官から渡されることもあります。
この場合は、断る理由もないため素直に受け取りましょう。

また、受け取る際は最低限のビジネスマナーを図られているケースもあることを念頭に置いておきましょう。特に求職者が若手の場合は、ビジネスマナーチェックの意味合いも多いはずです。

他にも
・面接後の連絡用(疑問点、不明点などあればそこに連絡してもOK)
・面接官のビジネス習慣として自然と渡している
というパターンも考えられます。

 

交換を求められたらどうすればいい


更に珍しいケースではありますが、名刺交換を求められることもあります。これはどういった理由かといいますと、主に職務経歴が本当かどうかの念の為の確認で行うことが多いようです。経歴詐称をする求職者も極稀におりますので、その防止ということでしょう。

それでは交換される可能性も考えて名刺を準備しておく必要があるかというと、先述したように転職活動はあくまで一個人としての活動ですので、準備しておく必要も交換する必要もありません。そのためもし交換を求められても以下のようにお断りすれば角は立たないでしょう。

「いま名刺を切らしております。」
「ビジネスタイム以外の名刺交換は会社から禁じられております」
「個人の転職活動として面接に参加しているため、名刺を持ち合わせておりません」

上記の理由を付け加えてやんわりとお断りしましょう。
 

名刺の受け取り方

交換はしませんが、名刺を差し出されたら受け取る必要があります。名刺の受け取り方として、まずは差し出された際には椅子から立ち上がり、「ありがとうございます」と両手で受け取りましょう。(もし万が一交換する際は、相手の名刺の位置よりも自分の名刺の位置を下にして差し出すことも忘れないでください。)

受け取った後は、簡単に名刺に目を通してから机の左側へ置きましょう。この際に部署名などについて言及すると、会話も弾むのでおすすめです。名刺入れを持っている場合は、名刺入れの上に乗せる方がいいですが、名刺入れを出してしまうと自分の名刺を出さなければいけなくなるので、この場合は出さなくてもいいでしょう。

もし面接官が複数参加されている場合は、席次順に名刺を並べるように置いてください。

 

受け取る際にやってはいけないこと

名刺を受け取る際にやってはいけないことが大きく3つあります。
以下ご紹介していきます。

名刺は相手および企業の顔であるという認識を持つ

たかが名刺、されど名刺。名刺は相手の、そして相手企業の顔でもあるツールです。
大前提として丁寧に取り扱うことが、相手への経緯を示すことに繋がります。そのため決して折り曲げたり、何の断りもせずに名刺にメモを書くことは決して許されません。

名刺をすぐしまう行為はNG

次にNGなのが、いただいた名刺をすぐに名刺入れやカバン、ポケットなどにしまってしまうことです。面接が終わるまでは机の上に置いておくことがマナーです。

余談にはなりますが、机の上に置いておくことで、面接中に面接官の名前を常に確認できるメリットもありますので、いくら焦っても閉まってしまわないように気をつけましょう。

相手側の名前・企業ロゴに指をかけてはいけない

また、名刺を受け取る際のNGとして、名刺に表記された相手側の名前・企業ロゴに指をかける行為が挙げられます。これは先述したように名刺は相手の顔となるものですから、その象徴でもある名前・企業ロゴを隠してしまうような行為はマナー違反となるのです。

もしも机のないところで名刺をもらったらどうすればいい!

ときには目の前に机のない面接室で面接をするケースもあります。

その場合は、名刺を受け取った後、一度名刺に目を通した上で、「失礼します」という一言と共に、手帳もしくはスケジュール帳などに挟んで、カバンにしまいましょう。

お礼の連絡は必要か

最後に気になるのは面接後のお礼連絡です。名刺をいただくと連絡しなくては、と思う方も多いかと思いますが、基本的にお礼連絡は不要です。

もし面接中に払拭されなかった疑問点などがあれば連絡してもいいですし、面接を通して企業への入社意向が上がったなどの気持ちを伝えたい場合は、連絡しても失礼には当たりません。

またエージェントを介して面接をしている場合は、求職者からの所感も含めて、エージェントが企業に連絡をしているので、この場合は一切お礼連絡は気にする必要はないでしょう。

終わりに

面接での名刺交換に関して、求職者側が名刺を渡す必要はありません。 しかしいざ受け取らなければならない際には、細かいマナーを見られていることを忘れないでください。