フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

ベテラン面接官が解説!転職の面接でつまらない仕事にどう向き合うか質問された時の答え方

質問の企業側の意図


事する上で必ずと言っていいほど起こるであろう、この仕事がおもしろくない、つまらないという感情にどう向き合って成果を出せるのかを確認する意図があります。

どうしても自分の意図からはずれた業務は発生しますし、それが面白い仕事かどうかはわかりません。

そういうシチュエーションになったときにどういう反応をするのかをこちらの質問で確認しています。仕事に対するスタンスや、具体的な心の持ちよう、行動についての確認となります。

 

質問に対する答えの作り方

実際の業務経験と絡めてそれをどう乗り越えたのかをお話しいただくとよいかと思います。

その時の感情をできるだけリアルに表現いただきたいことと、偶然乗り越えることができたのであればそこから学んだことがなんであったか、意図的に乗り越えたのであればそこでの工夫がなんであったかをお話しできるように準備してみてください。

また、仕事がつまらないと感じたことがない方は、思い切って「仕事を面白いつまらないで判断したことはない」と言い切ってしまってもよいかもしれませんね。

 

回答例

「定期的にリフレッシュすることを意識しながら進めていきます。前職では仕事上クレーム対応などを行うことも多く、仕事がつまらないなと感じることもあったのが正直な気持ちです。ですが、誰かがやらなければならないことではありますのでその際は誠実にしっかりと対応をして、それ以外の時間に趣味のフットサルなどを行ってリフレッシュするようにしています。少し質問の意図とはずれてしまうかもしれませんが、つまらない仕事との私なりの付き合い方です。」

「仕事をつまらないと感じたことはありません。なぜなら、どの仕事にも関係者がいてお客様がいます。その方たちからお金と時間を頂戴しておりますので、仕事を面白いつまらないで判断することはそもそもするべきではないと考えておりますし、感じたこともありません。自分に与えられた責任を全うすることに重きを置いていますので、どのような仕事でもしっかりと遂行したいと思います。」