フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

ベテラン面接官が解説!転職の面接で会社のビジョンに共感できるか質問された時の答え方

質問の企業側の意図


会社としては非常に重要な確認項目です。

ご自身の考え方が会社全体の向かう先と同じ方向を向いているのかを確認します。判断に迷ったときに立ち返る原点がこのビジョンですのでそこに共感できるかどうかは入社後に戦力になるかどうかの大きな分かれ目となります。

特にベンチャー企業では、仕組みが整っておらず方針だけ決まっていることが多々あります。その際の指針となるこのビジョンをどのくらい理解しているのかを面接の中で確認していきます。こういったものは会社のホームページに載っておりますので、事前にしっかり調べておきましょう。

良くも悪くも抽象的な表現になっていることが多いので、それを自分の言葉に置き換えるとどういうものなのかまで準備できると面接官からの評価は高まるかと思います。

 

質問に対する答えの作り方

会社のホームページなどをしっかりと読み込みどういう意図があるのかを確認しましょう。

そのうえで、自分だったらどうとらえるのかまで落とし込んで考えられると非常に良いと思います。これまでの経験の中で、そのビジョンを実現したり意識した経験があればそれを語れるとより良いと思います。

また、面接の中でこういった場合はどうでしょうか?というケーススタディなようなものを確認していただくとより企業理解が深まるかと思います。

 

回答例

「大変共感しています。現在の職場では、お客様の都合よりも自社の状況や都合が優先されてしまうことがあります。もちろんビジネス上自社の都合を優先するべき場合もあることは理解しておりますが、過度にそれが起きてしまっているのではと思っております。御社のお客様第一という考え方は非常に共感するものであり、今回の転職理由を解消するための大きな一手だと思っております。」


「概ね共感しておりますが、もう少し詳しくお聞きすることは可能でしょうか。これまでの業務の中で面接官の方々がこのビジョンを実現した経験などがあれば教えていただけますでしょうか。ビジョン自体には大変共感しておるのですが、それを現場でどのように発揮するのかのイメージがあまりできておりません。御社にはいって活躍したいと考えておりますので、なにかヒントを頂ければと思っております。」