フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

ベテラン面接官が解説!転職の面接でキャリアプランを質問された時の答え方

質問の企業側の意図


]これまでの経験をこれからどう生かせそうか、あるいはこれから先にどのようなことができそうか、をどれくらい客観視できているかの確認となります。

併せて、どのような業務につきたいかを明確にお話しできるかどうかで志望の理由や度合いを確認しているという意図もあります。

そこの会社に入ってできることがご自身のキャリアプランの中に入っているかどうかを見極めています。ご自身のキャリアプランややりたいことと、その会社でできることやその会社が向かっている方向性とのズレがあるかどうかをこの質問の中で確認していきます。

例えば、「会社としてグローバル展開を促進していきたい」という方針がある中で「日本の市場拡大を狙いたい」というようなお話をしてしまうと、面接官としては会社の方向性とご自身のキャリアプランのズレを感じてしまいます。

ただ、これまでの経験を踏まえてご自身の強みが日本市場ということであれば「御社がグローバル展開を考えていることは十分理解しておりますが、それを実現するためには既存市場である日本の安定化・拡大かが必要だと考えています。これまでの経験から日本市場での業務はお任せください。」というような補足の表現を加えてください。

 

質問に対する答えの作り方

これまで何をやってきたのか、そしてそれがどう生かせるのかをしっかりと盛り込んでキャリアプランをお話しください。

そこへの一貫性があるかどうかが非常に大切となります。

そこがずれてしまっていると、自己理解が低いという評価となってしまいます。さらに、そこに会社の方針や社会情勢が盛り込めるとなおよいと思います。「ご自身の経験+会社の方針(もしくは社会情勢)=キャリアプラン」という構図でお話ができるとよいと思います。キャリアプランの作り方としては、これまでの業務経験を「拡大する」という観点でお考えいただくと準備がしやすいかと思います。

「これまで一部の地域で実践していたことを地域を広げて(変えて)提供する」ですとか、「これまで一部のお客様にしか提供していなかったものをターゲットとなるお客様を広げる」などです。

お話しされる際の「熱意」にもぜひご注意ください。淡々とお話しされるよりも少し熱を込めてお話しされる方が印象は良いかと思います。

加えて、キャリアプラン実現のために現在行っていること(例えば資格の勉強など)までお話しできるとリアリティが伝わって非常に良いと思います。

 

回答例

「将来的には海外展開に関われるようになりたいと考えております。これまで日本国内での製品拡販に携わってきましたが、その中で海外製品と競合することがありました。勝負のフィールドが世界に広がっていると感じるとともに、それらの製品の品質を考えると日本製品の品質の高さについては自信を持っています。さらに御社が今後海外売上比率を上げていくということから、その一端を担えるようにしたいと考えております。現在は語学学校に通いTOEIC900点を目指して勉強を進めているところです。」

「今後については、これまでの営業の経験を生かして管理職へチャレンジしたいと考えております。仕事以外のコミュニティで尊敬する先輩がおりその方のように多くの人をまとめながら、組織全体の成果を上げていくことにチャレンジしたいと思っています。私個人の頑張りや貢献が多くの部下を通じてお客様に届き、私が一人で行う以上の成果を出せるような人材になりたいと考えております。また、いずれは経営にも関われるように自身のスキルを磨いていきたいと考えております。」