フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

ベテラン面接官が解説!転職の面接で5年後どのような仕事をしたいのかと質問された時の答え方

質問の企業側の意図


これまでの経験を踏まえて将来的な見通しをどの程度しているのかを確認するための質問となります。

これまでの経験をどのように理解していて、それをどう発展させていきたいのか、仕事へのモチベーションや能力向上に対する意欲を問うのがこの質問です。

5年後という確実なことがわかっていない状況に対してどのように設計をたてて目標設定しているのかを表現しましょう。答えのない質問になりますので、理屈が通っていることが非常に重要で、内容よりもその論理性を面接官は見ています。

また、複数回面接を行っている場合は、これから行う業務についてこれまでの面接の中でどの程度理解しているのかも確認しています。

 

質問に対する答えの作り方

これまでの経験をどう発展させていくのかをご自身のお言葉で語れるとよいと思います。

転職先で行う業務理解ができている前提にはなりますが「これまでの経験+これからの経験=5年後に行っていること」という構図で回答ができると面接官の納得度も増していきます。

実務的なこと(製品拡販エリアを広げたい、企画や開発の領域に踏み込みたい、など)でもかまいませんし、ご自身の立場に関すること(リーダーになりたい、マネジメントをしていきたいなど)でも構いません。いきなり全く違う分野や領域の話をしてしまうと、業務理解や自己理解が低いという評価になってしまいますので気を付けましょう。

できれば、5年後その仕事をするためにこれからの5年間はこういったことを学んでいきたいという将来展望まで具体的にお話ができるとなおよいかと思います。

 

回答例

「これまでの営業・拡販の経験を生かしてより大きな市場拡大を担える立場で業務を行っていきたいと考えております。現在は一担当として一部地域の製品拡販のみ携わっておりますし、御社に入社後はそのような立場での業務になるかと思いますが、それを日本全国に展開できるような立場で業務を行えるようにしていきたいと思います。そのために、御社に入社後の5年間は製品理解と市場特性の理解を深めるためにこれまで以上にお客様の下に足を運び現場で手に入る情報をしっかりと収集していきたいと考えております。」


「5年後ですと32歳となっておりますので、リーダーとしてメンバーをまとめるような立場で仕事をしていきたいと考えております。現在も新人の指導などを行っていることから部下の指導に関してチャレンジしたいという気持ちがあります。通常業務で成果を出すとともに組織貢献やメンバーへの貢献をよりできるような立場になっていきたいと考えております。」