フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

女性が面接で「5年後、10年後はどうなっていたいですか?」と質問されたらなんて答えるのが正解?

質問の企業側の意図


この質者をする企業側の意図は二つあります。

一つ目は、会社のことをきちんと理解しているかどうかをチェックする、ということです。業界や会社のことをある程度理解していなければ、会社の中で5年後、10年後のビジョンを描くことはできません。特に中途採用の場合は、この質問によってどの程度業界への理解があり、またどの程度情熱を持っているのかをチェックしています。

二つ目の意図は、物事を計画的に考えることができるかどうかです。5年後と10年後、それぞれの自分の姿を具体的に話すことができれば、長期的な計画を立てることができる人物だと判断してもらうことができます。またそもそも将来のビジョンが全くなければ、就業意欲が高いとは判断されないため、どの程度の就業意欲があるのか、ということも同時に見られています。

 

質問に対する答えの作り方

この質問に対する答えの作り方は、結論とその理由、そしてそれをどのように達成したいと考えているのか、達成方法を順番に組み立てることです。

ビジネスシーンにおける会話は結論から話すことが原則ですが、それは面接でも同じことです。

5年後、10年後それぞれどうなっていたいのか、と質問された場合、5年後はこうなっていたい、10年後はこうなっていたい、という結論から話すことがポイントです。

次に大切なことは理由を伝えることですが、例えば5年後はマネージャーとして組織を引っ張っていきたいというビジョンがあったとします。その場合は何故そう考えたのか、自分の言葉で話しましょう。過去の経験などエピソードを交えると、より相手に伝わりやすくなります。

三つ目の達成方法ですが、これは事前に考えを固めておくことをおすすめします。営業のマネージャーであれば、営業職としてまずは実績を上げて、顧客の信頼をかちとり、リーダーや主任になる、というプロセスがあります。

こういったプロセスをどのように達成していくのか話すことができれば、説得力がある回答となります。

 

回答例

質問に対する回答例としてはどのようなものがあるのか、模範的な回答例と失敗例、その両方を見ていきましょう。

 

模範的な回答

「入社5年後には、営業部のマネージャーとなり、会社の中で売上をつくっていく役割を担いたいと考えています。そして10年後には、営業以外の全体を見る視点を身につけ一つの事業部の責任者となれるように、結果を残していきたいと考えています。
前職も私は営業職として働いてきましたが、より大きく成長していくためにも、マネジメントや全体を見れるようになりたいと考え、このような目標を持っています。
この目標を達成するためには、まずは営業職として結果を残すことが全てだと考えています。社内の各部門の担当者と密にコミュニケ―ションを取りながら、お客様から信頼される関係を築き、結果を残していきたいと思います。
また業界に関する勉強にも取り組み、最先端の情報を把握しながら目標実現のために頑張っていきたいと考えています。」

回答内容は情報が多すぎると伝わらないリスクもあるので、なるべくシンプルに、この回答程度の情報量にまとめるのが理想的です。

 

回答の失敗例

「そうですね、ひとまずは頑張って結果を残したいと思います。10年後まではわかりませんが、5年後までには一人前になっていたいと思います。」

回答を準備していない場合、このような曖昧な回答となってしまいがちです。抽象的なことしか回答しなければ、目標がなく就業意欲も低いと判断される可能性が高いので、回答方法には注意しましょう。