フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

【転職】WEBマーケティングの転職事情!未経験者必見!

 

こんにちは。元WEBディレクの山田です。

「WEBマーケティング」ってみなさんご存知ですか?
マーケティングという言葉から、ご想像どおり幅広い分野を司っていまして…
会社、業種、分野において、様々な役割を担っているため、一丸に「これがWEBマーケティングだ!!」というのは、かなり難しいのです。
WEBマーケティングと聞くと、一部の人はSEOSEM、アクセス解析などをイメージされると思います。
転職サイトでもよく「WEBマーケティング」という表記はされていますし、一度は目にしたこともある方が多いのではないでしょうか。


そこで今回は、そもそもWEBマーケティングとは?といった疑問や、この業種の転職事情まで、WEBマーケッター未経験の方にでも、わかりやすく幅広くご紹介できればと思います。

 

WEBマーケティングとは?

WEB マーケティングとは、名前の通り、WEBを基盤としたマーケティングでWEBサイトやWEBサービスを利用して行われるものです。
WEBマーケティングは、「WEB上でこっちから営業しなくてもあっちからお客さんがやってくる流れを作る(物が勝手に売れる流れを作る活動)」とも言えそうです。
WEBサイトやECサイトで、どんどん商品が売れる・依頼や問い合わせ電話が鳴るようにしようといった働きかけを行うのが、WEB マーケティングとも言えます。
PDCA(Plan―計画・Do―実行・Check―確認・Action―改善)で数値を元に管理していくというのも大きな特徴です。

紙媒体などでは、どこが商品の魅力を感じた部分で、どのくらいユーザーが悩んで、どういう情報を得て、何歳くらいか、性別は、日本のもしくは海外のどこから読んだか…など、計測するのはかなり難しいのではないでしょうか。
しかし、WEB マーケティングであれば、どこのサイトから来て(もしくは、何という言葉を検索して)、誰が、どのページを、何度往復し、何秒滞在して情報を得たか、などの情報を数値で見ることが出来ます。
そういったデータを元に、解析・予想しつつPDCAを回し、提案していくお仕事です。
ちなみに、前の職場でWEBマーケティングの部署を「ウェブマー」とか「ウェブマーケ」とか呼んでいました(笑)

WEBマーケティングってどんな業務なの?

WEBマーケッターの仕事は、単純に・・・

  • WEBサイトに人が来るように計画すること
  • WEBサイトの訪問者にアクションを行ってもらうように計画すること

です。いろんなツールを用いて数値を元に分析していきます。
そのため、WEBマーケターによって、分析・予想結果も様々です。まず、どこまでの範囲を請け負うかはその会社によって違いますが…。
検索エンジン・WEB広告・SNSなど多くの窓口から集客を図ります。最適化などを行い、ゴールである、メルマガやサイトの会員登録・飲食店や美容室などのWEB予約・商品購入・有料コンテンツの購入などのアクションを取らせるようにします。言葉では簡単ですが、季節や気温、政治の動きでも誘導率が変わるようなので、それはWEBマーケティングの面白いところであり、WEBマーケターの腕の見せどころでもあります。



 

初心者必見!WEBマーケティングで転職のために必要なことは!?

WEBマーケティング経験者なら、「即戦力」をアピールすることができます。
しかし、未経験者には課題が多いのでは…と気を張る必要もありません。
新卒を採用してくれる会社、未経験者を採用してくれる会社も多々存在します。
(他の記事でも書きましたが、かなり人材不足ですので、企業は人を採用しバンバン育てていきたいのです)
 

他職種スキルを逆に活かす能力

Webマーケティング以外のスキルを求めている会社があります。しかし、「WEBに関わっている人」のみが使える技かもしれません。例えば、「前職はWEBデザイナーとしてデザイン・コーディングの経験があります。」や、「前職はWEBディレクターで、クライエントの目的達成へのユーザビリティを提案するプレゼン能力があります(実績があるとなお良いです)」など、自分ならではの強みを活かせる場合があります。
 

培ってきた営業力

WEBマーケターは、数字を分析していく能力が必要です。
数字から人々の潜在的なニーズも含め、顧客のニーズ、また、何故ニーズがあるのかを理解する必要があります。
市場の情報収集やトレンドを把握し、分析する力、顧客の傾向なども営業経験のある方は分析する力があるかもしれません。
今までの経験を活かせるということも、あなたのアピールポイントの一つではないでしょうか。
 

WEBマーケティングの資格事情

WEBマーケティング特有の資格は特に存在しません。
しかし、資格=努力の成果です。WEB関係の職種に入社する際、次のような検定があると、「この人勉強してきたのだな…」と思われます。時間や心の余裕があれば挑戦してみてもいいかもしれません。

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • WEB解析士
  • Webアナリスト検定
  • Web検定
  • 統計検定
  • Internet Marketing Analyst(IMA)検定
  • ネットマーケティング検定

また、なぜ取ったのか等も聞かれる可能性がありますので、理由も考えておきましょう。
基本的にネットで受験できるものも多いため、気軽に受験することができます。


参考:IMA検定

 

WEBマーケティングへの転職方法

キャリアを見直す

いままでの自分自身のスキルを客観的に見て、まず、自分がどんな経験を積んだか、どんなスキルを身に着けることができたかを、明確に分析しましょう。
転職を始めたばかりの時は正直、面倒くさい作業になるかも知れません。いままでのことを思い出さなければいけませんし、時間もかかりますから…。
しかし、転職する人生の岐路で、自分の経験やスキルを、改めて見つめ直し、過去積み上げてきた具体的な仕事内容とともに書き出していきましょう。どんな資格を取った、講座に参加したかなども書いて良いと思います。

 

転職する理由を具体的に書き出す

転職するまでに至った経緯も、頭の中だけでなく、紙に書き出してみましょう。なんとなく転職したいから仕事を辞めますとも言いづらいと思います。
どうして?を繰り返し、ネガティブなことだけでなく、今まで経験を積ませてもらったという思いで、次に挑戦したいことや、こうなりたい!などの人生図も書いてみても良いかも知れません。
転職をする経緯に至るまで、人間関係、労働時間、給与、仕事内容…様々なことを考えたと思います。また転職する理由が必ずあると思いますので、「前職」「未来の望む職場」分けて書いておきましょう。

 

具体的な職場を探し、相談する

自身の経験や転職理由を、頭の中で整理し紙に書き出して明確にしたあとは、具体的に「こんな職場で私はこれから働きたい!」と思うことのできる企業を探しましょう。
一言、「WEBマーケティング」といっても星の数ほど企業があり、一人で探すのはかなり難しいことだと思います。
転職エージェントを積極的に利用しましょう。最近では、サポート体制もあり、エージェントから現実的な求人情報を取得することができます。
 

 

WEBマーケティング…未経験者のハードル高そう…

WEBマーケティングは、WEBコーダー(エンジニア系含む)やWEBデザイナーのように、高度な技術は求められません。
WEBに関する勉強は必要ですが、未経験者でも学べば必ずWEBマーケッターになることができます。
未経験者歓迎の企業もありますので、まず表記があるかを確認して、求人情報に応募することをおすすめします。
それでは、最後に数ある転職エージェントサイトのなかで、それぞれの特徴をご紹介します。

マイナビクリエイター

大手転職サイトのマイナビクリエイターの主な対応エリアは、東京・大阪・愛知・福岡近郊です。大手企業の求人情報を比較的多く掲載しているため、経験者のキャリアアップにおすすめです。

参考:マイナビクリエイター
 

リクルートエージェント

全国対応しているリクルートエージェントは、マイナビに並ぶ大手企業です。
求人保有数が多く、利用者満足度も高いようです。情報収集するために利用しても良いかも知れません。
 

ギークリー

ギークリーは、首都圏中心の求人情報を多く掲載しています。転職初心者にも手厚いサポートをしていますので、安心して就職活動ができます。業界未経験の求人も載っていますので確認してみてください!
 

ワークポート

ワークポートは全国に対応しており、中小企業や地元企業の求人情報が多い傾向にあります。その業種に沿った専門キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。スピーディーな転職をご希望の方には、おすすめです。

 

まとめ

今回は、WEBマーケティングの転職に関して紹介しました。WEBマーケティングには、数字を通しての情報収集力や提案力も必要です。しかし、未経験者の方も転職できる広い職種でもあります。自分のキャリアを見直し、ぜひ勇気を持って転職活動してみてください!