フェアトレード★バイト・中途転職@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイト、企業に耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト・中途転職日誌

【転職の履歴書】多いと不利!?派遣をしていた時の職歴はどう書くべき!?

 

皆さんこんにちは。
大学卒業後、大手IT企業に就職しましたが、体調を崩しやむなく退職。
その後たくさんのアルバイトや派遣就業を経て、今はベンチャーIT企業で正社員として働く傍ら、ライターをしています。

転職活動を始めるにあたってまずやらなければいけないのが履歴書や職務経歴書の作成です。
でも、派遣の職歴が多い方の中には「一つ一つ書くと履歴書に書ききれない!」「職歴が多くて転職回数が多く見えてしまう…」というお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のために職歴をまとめてすっきりさせる方法をお伝えします!


 

派遣だったころの職歴はどう書けばいいの?【書き方まとめ】


履歴書に派遣だったときの職歴を書く際に、押さえておくべきポイントがいくつかあります。
今回はそんな履歴書の書き方をパターン別にまとめました。

【職歴】派遣歴は1ヶ月以上は記載、アルバイトは基本書かない

まず「派遣での職歴は書く必要があるの?」という疑問があるかと思いますが、1ヶ月を目安にそれ以上就業したものは基本的にすべて記載をしましょう。

1ヶ月未満の短期派遣やアルバイト歴は企業へのアピールができるもののみ記載で大丈夫です。
その際、空白の期間に関して面接で聞かれることも多いので、「短期の派遣やアルバイトをしていました」としっかり答えられるようにしておきましょう。

 

【職歴】派遣会社に「登録」、派遣先で「就業」

派遣会社の記載は「株式会社〇〇に派遣登録」という書き方になります。
また、派遣先の記載は「株式会社△△で就業」という書き方です。
どちらも「入社」ではないので注意しましょう。

 

【職歴】退職の理由は「契約満了のため退職」のみ

退職の旨を記載する場合は、どんな理由であっても「契約満了のため退職」のみです。
派遣の場合、様々な理由で契約期間を短縮するケースも多々あるのですが、細かい理由は記載する必要はありません。

 

派遣回数が短くて多いときはどう書けばいいの?


履歴書の書き方をパターン別に分けて見ていきましょう。

パターン別の履歴書の書き方

①就業先も派遣先も少ないケース

他の職歴の数にもよりますが、派遣の職歴が1~2つの場合は先程説明したポイントを押さえて書けば大丈夫です。下記のような書き方になります。

 

職歴の欄に余裕があるようなら実際に担当した業務を1行程度でまとめてアピールポイントにしましょう。


②就業先は多いが、派遣会社は少ないケース

就業先は何個かあり多いが、派遣先は1~2つの場合は下記のような書き方をしましょう。

ポイントは

  • 派遣会社に登録したことを1行で明記
  • その下にその派遣会社での職歴を1行で記載。書く項目は就業先、役職名、契約満了年月。
  • 契約期間満了のため退職」は書かない。繰り返し記載すると非常に見づらくなります。

となります。


③就業先も派遣会社も多いケース

職歴がとにかく多い場合はいかにまとめられるかが鍵となってきます。
私が実際に転職活動で使った履歴書を元にモデルケースを作成しました。
赤枠の部分が派遣就業です。

短期派遣やアルバイトを繰り返していた期間がある場合は、まとめてその旨を記載してしまって大丈夫です。
また、職歴が多く、履歴書に収まらない場合は派遣会社に登録した旨の行を削除し、就業先と契約満了年月、派遣社員だった旨のみ明記しましょう。
下記のような書き方になります。

派遣会社も書く方がもちろん良いのですが、企業の採用担当が気にするのは派遣会社ではなく、就業先の方になります。
履歴書には必要最低限の事項を記載し、細かい説明やアピールは職務経歴書でしましょう。

 

まとめ


派遣の職歴の履歴書への書き方やまとめ方をご説明してきました。参考になったでしょうか?
派遣の職歴が多い場合でも、ポイントを押さえればしっかりとまとめることができます。
どうすればすこしでも見やすくなるか?ということを頭において履歴書を作成しましょう。