フェアトレード★バイト@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイトに耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト日誌

忙しい春におすすめ。シフトのゆるいバイト先はこれ

はじめに


日中の日差しにほんの少し春の気配を感じるようになりましたね。
寒い冬も終わりに近づいているのかな、そんな気がします。

今年の長くて寒い冬が終わると、暖かい春!
春には環境も変わって、生活も変わってと、なにかと慌ただしくなる人も多いと思います。

春から新しい環境になる人は、ドキドキワクワク?

でも、新しい環境を作るのには、やっぱりお金って必要ですよね。

先日、テレビを観ていたら、春から上京する女子高生が、アパート探しをするようすが放送されていました。
そこで一番問題になってくるのは、やはり「お金」。

少しでも家賃が安くて、しかもきれいな所に住みたい!

わかります、わかります。
私も高校3年生の春休みに、アパート探しに翻弄しましたから。
いくらきれいなアパートやマンションでも、家賃を払っていかれないと、
安心して住めませんからね。
あと、心配事は家賃だけじゃありません。

1人暮らしをするなら、家具や家電も必要になる。

恵まれた環境で、家具や家電までは親に払ってもらったとしても、
いざ住み始めると、かわいい雑貨を置いたり、買い忘れていた雑貨が必要になったりと、
それはそれはお金がかかります。

新しい生活で必要な物を買いたい!
そしたら、やっぱりバイトしてお金を稼がないと!

えっ?
まだ学校もあるし、新生活に向けて色々な手続きもあって、バイトどころじゃないって?

なるほど。
確かに忙しくてバイトどころじゃないかもしれませんね。
でも、ちょっとしたすき間時間はありませんか?

アルバイトは、週に何回もシフトがある仕事もありますが、
比較的、シフトのゆるいものもあります。
シフトに融通が効けば、ちょっとした隙間時間にも働けますよね。

私自身、学生の頃から数多くのアルバイトをしてきました。

短期のバイトや長期のバイト、週に何度もシフトを組むものや、自分が行ける時だけシフトを入れられるバイト。
色々な業種で、様々な仕事をしてきました。

その中のいくつかは、シフトがゆるく、自分の空いた時間に仕事を入れられるので、
忙しい時期にはとても便利でした。

すき間時間を使ってまでバイトする意味があるのって?

ありますよ。
このすき間ってバカにできない。
給料日になると、このすき間時間のバイト代にどれだけ助けられたか!

そんな訳で、今回は、これからの季節は忙しいけどバイトしたい!
そんな方のために比較的シフトがゆるく、忙しくても働きやすいバイトをご紹介していきたいと思います。

シフトがゆるいバイトって?

「シフトがゆるい」ってよく聞きますけど、実際にはどのような働き方なのでしょうか?

シフトがゆるいってことは、シフトの自由がきくという事。

バイトの時間が固定されていなくて、いくつかの曜日や時間の中から、自分の希望する日時を自由に選ぶ働き方のことです。

自分のスケジュールに合わせて組むことが出来るので、仕事以外の予定も支障がありません。

学校や自分のやりたいことが忙しく、なかなか一定の時間バイトを入れられない人にもピッタリなバイトですが、ちょっとした時間があれば、もっとたくさんバイトをしたい人にもオススメなのです。

シフトがゆるいと何がいいの?

シフトがゆるいと何だか不安、なんて思う人もいるかもしれません。
言葉だけ聞くと、なんだか曖昧な感じもしちゃいますね。

シフトがゆるいと、どのようなことがいいのでしょうか?

シフトがゆるいメリットは、何といっても自分の予定を最優先してバイトすることができることです。
時間や曜日が決められた固定シフトの勤務だと、バイトと自分の予定が重ならないように調整するのが大変です。
シフトがゆるければ、前もってわかっている用事のある日は避けてシフトを組むことが可能です。

自分のスケジュールを優先させながら、バイトも無理なく両立できるのです。

シフトがゆるいバイトはこれ

シフトがゆるいバイトってどんな働き方かはわかったけど、実際にはどんな仕事がシフトの融通が効きやすいのでしょうか?

私の今までのバイト経験の中から、おすすめのバイトをご紹介します。

①コンビニ

長期的な仕事でシフトの融通が効きやすいのはなんといってもコンビニです。
その秘密は働いているスタッフの人数の多さ。
シフトを代わってくれる人が多ければ多いほど、その分、シフトの融通は利きやすいからです。

コンビニのいいところは、24時間営業の場合が多いので、働いている人数も多く、そのメンバーも高校生や大学生、主婦、フリーター、年配の人、など様々な面々です。

様々な環境の人がいるので、自分がシフトを代わって欲しい時には、その時間で頼める人がいるのです。

いつもは夜にシフトを入れているけど、夜に都合がつかなければ、昼間のスタッフにお願いすることが出来たり、昼の勤務が難しくても、夜のスタッフに交替の交渉が出来る。

シフトをずらしたい時にも、営業時間が長いので、ずらしやすいのもポイントです。


コンビニのバイト探しにはこちら

タウンワーク

他のサイトよりもシンプルなデザインで、必要な情報が見つけやすいのが特徴の求人サイトです。
掲載されている求人数も多く、学生歓迎の求人もたくさんあります。

②ポスティング

ポスティングの仕事は、チラシなどを住宅やマンションのポストに投函する仕事です。
決められた枚数を、決められたエリアに配布します。
給料に関しては、それほど高額にはなりませんが、シフトのゆるさは群を抜いています。

以前、私がバイトしたことのあるポスティングはこんな感じでした。

<1>仕事できる日程を申請する(月に何回での可)

<2>バイト当日、配布するチラシを受け取る
   受け取り時に終了時間とエリアを確認

<3>時間内で担当エリアに配布

<4>作業終了後、給料を受け取りに行く

ざっくり書いてあるかと思うかもしれませんが、これがすべてです。

エリアによって配布枚数や行き帰りの時間も違うので、細かい時間は決められていません。

バイトした多くが
・担当エリアまで片道10~20分
・配布枚数300枚
・所要時間5時間(09:00~14:00)

この時間内に仕事をすればいいのです。

「お昼は途中で好きな時間にとってください」と毎回言われていました。
大抵の場合は、午前中には配布終了です。
その後、お昼を食べてお給料をもらいにいけばいいのです。

途中で買い物なんかあれば、ちゃっかり用事も済ませていました。

そのくらいポスティングってシフトがゆるいんです。


ポスティングの仕事探しはこちら

マイナビバイト

マイナビバイトは、長期のバイトから、1日で終わるような短期のバイトまで、幅広い求人情報を取り揃えている万能型の求人サイトです。

また、フリーワードでの検索はもちろん、「エリア」「駅」「路線」「職種」「こだわり」など、様々な条件での求人検索をすることが出来ます。

求人検索画面

③在宅ワーク

シフトに悩まされず、自分のペースで仕事ができるのは在宅ワークでしょう。
在宅ワークというと、ひと昔前には「内職」のイメージも大きかったですが、
最近ではパソコンを使った仕事が増えています。
ネットが繋がっているパソコンさえあれば、好きな時間に仕事をすることができるのが、
在宅ワークの最大の魅力です。

私も現在は在宅ワーカーとしてお仕事をしています。
子供がいるので、学校行事や家事に追われる毎日。
なかなか外に出て働くのは結構難しい状況です。
そんな私での働くことができるお仕事が在宅ワーカー。
家事をしながら、用事のない日に無理なく働くことができます。

私のような主婦が多いと思っていたのですが、周りを聞いてみるとそうでもないみたい。
日中は仕事をしている人がダブルワークとして、
中には学生の人も在宅ワークをしている人もいるようです。

時間や場所が限られないので、様々な人が働きやすいバイトですね。


在宅ワークのお仕事探しはこちら

an

「an」は若者からの認知度ナンバーワンのアルバイト求人サイトです。
サイトの特徴は、自分に合った仕事が探しやすいこと。
毎日、新鮮な仕事情報を提供して約50年。
圧倒的なブランド力で、多くのバイト求職者に支持されている求人サイトです。

必要なスキルや資格は?

シフトがゆるいバイトをしたいときには、どのようなスキルや資格があればよいのでしょうか?

結論から言うと、必要とされている資格はありません。

しかし、経験者だったり、資格を持っている場合には優遇されることもあります。

資格としては必要ありませんが、シフトがゆるいバイトでうまくやりくりしていくには、自分の予定と仕事の調整ができることが大切になります。

どんな時間にシフトを入れても、他のバイトのコミュニケーションをしっかりとれたり、
周りの人を振り回さず、上手にシフトを組むことが出来る人が向いているでしょう。

資格を持っている場合には、「シフト自由:」の条件を満たす求人の中から、
持っているスキルや、自分の得意分野の職種を選べば、バイト先から重宝され、
自分の楽しく働けるでしょう。

もっと簡単にシフトがゆるいバイト先を探すには

シフトのゆるいおすすめのバイトをご紹介しましたが、全部に興味がない人もいるかもしれません。
そんな時、沢山あるアルバイトの求人情報から、シフトがゆるいバイト先を探すにはどうしたらよいのでしょうか?

大抵の求人検索サイトは「検索ワード」で求人を絞り込むことが出来ます。

おススメのワードは

「大学生歓迎」「高校生歓迎」「主婦歓迎」

そう、この「歓迎」というワード。

自分がどのような状態でバイトを探しているかによって、ワードを入力すればいいのです。

高校生の場合には「高校生歓迎」
大学生の場合には「大学生歓迎」
主婦の場合には「主婦歓迎」
シニアの場合には「シニア歓迎」
ダブルワークの場合には「ダブルワーク歓迎」

この「歓迎」というワードで検索することで、自分の環境で働きやすいバイトが見つかりやすくなります。

バイトしたい業種が決まっていない場合には、まず、自分の立ち位置で歓迎してくれるバイト先を検索してみて、そこから絞り込んでもいいかもしれません。


どの世代でも歓迎している業種としては、飲食店やサービス業。
比較的、人数も多く、他の人とシフトを交替しても支障がないバイトに多いようです。

シフトがゆるいバイト先でより働きやすくするコツ

いくらシフトがゆるいからといって、自分の予定に合わせて好きなようにしていいというわけではありません。
そんな人ばかりでは仕事になりませんからね。

バイトの面接の時には調子のいいことを言っていたのに、実際に仕事を始めたらわがまま放題!
絶対シフトなんて代わるものか!と思われないためにも、より働きやすくするポイントをお伝えしたいと思います。


<面接での対応>

自分の予定を優先して働きたい!
本来はそう伝えたいところですが、そんなストレートなことを言うと反感を買います。
面接では、ここだけは譲れないポイントをきちんと伝えておきましょう!

◆週〇時間以内で
◆〇曜日は働けない
◆週〇日以内で

それ以外なら、多少融通が効きます、とアピールしておけば、いざというときには頼りになりようと思われ、採用担当者にも好印象を受けるでしょう。

<バイト仲間とのコミュニケーション>

これ、大事ですね。
自分がシフトを代わって欲しい時には、代わりのそのシフトに入ってもらわなければならないのですから。
普段からバイト仲間とはコミュニケーションをとって、いざというときにシフトを代わってもらえるように頼める間柄になっておきましょう。
また、自分の都合だけを押し付けるのではなく、相手のお願いにも可能な限り対応してあげる努力も必要です。


このように、自分の都合よく働くには、最初の面接や、同僚との関係が大切になります。

まとめ

忙しい人でも働ける、シフトがゆるいバイトについてご紹介してきました。

自由に働くって簡単そうだけど、自分の都合に合わせて働くには、
自分の努力はもちろん、他の人の協力も欠かせませんね。

在宅ワーカーの私も、同僚はいませんが、仕事の依頼をくれる方あっての仕事だし、
たくさん仕事したい時には、家事をさぼって家族にも協力してもらっています。

自分が仕事していることで誰かが協力してくれている、そんな感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。

みなさんも、自分の生活にぴったりなシフトのゆるいアルバイトが見つかるといいですね。

チワワ

在宅ワーカーは働いていることが気付かれにくい!
私の在宅ワークのお給料はへそくりになっています。