フェアトレード★バイト@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイトに耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト日誌

アルバイトって健康診断受ける必要あるの? それは義務? それとも権利?


アルバイトでも「健康診断」ってあるのでしょうか。

アルバイトをしている人でも、「健康診断」に対する見方は二通りに分かれるようです。

 

「アルバイトだけど、ちゃんと健康診断を受けさせてほしい!」というタイプ

それから、「アルバイトなんだから、健康診断は面倒だしいいでしょう?」というタイプです。

 

あなたはどちらになりましたか?

 

今回は、どちらのタイプの人にも満足いただけるように、「受けたい人」には受けられる方法を、「受けたくない人」には受けなくてもいい方法を説明させていただきます!

 

アルバイトの健康診断について法律で定めはあるの?

そもそもアルバイトの健康診断って、義務付けられているものなんでしょうか。

そのあたりから、しっかりと見ていきましょう。

 

「健康診断」については、「労働安全衛生法」という法律に「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行わなければならない」と定められています。

 

これによると「労働者に」とありますので、正社員もパートもバイトも同じですね。

では、「厚生労働省令」を見てみましょう。

「事業者は、常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期に、医師による健康診断を行わなければならない」とのこと。

ここでは「労働者」から「常時使用する労働者」に絞られてきました。

「常時使用する」ということは、正社員のことなんでしょうか。

 

「常時使用する労働者」は、次の二つに該当する人をさすそうです。

①1年以上雇用している者、又は、1年以上雇用することを予定している者
(期間を定めないで雇用している者も含みます)
②1週間の労働時間が正社員の所定労働時間の4分3以上の者

 

ということは、長期で、かつシフトを詰めて入っていると、この「常時使用する労働者」に該当する確率が高くなりますね。

 

実際、正社員の一日の労働時間が8時間で、週5日の勤務だとすると、正社員の週の勤務時間は40時間です。

正社員の4分の3以上の労働時間ということは、週30時間以上勤務ということになります。

 

また、1年以上雇用している者か、または1年以上雇用することを予定しているもので、週20時間以上勤務している人については、「受けることが望ましい」とされ義務ではありません。

 

このように、アルバイト、パートに関わらず、しっかりとした基準が設けられており、該当する人は健康診断を受ける義務があります。

ただ、受けないと、雇用側には罰則規定がありますが、労働者側には罰則規定はありません

アルバイトの健康診断 受けたい人の場合

というわけで、アルバイトの健康診断には、わりとしっかりした規定が設けられています。

この規定に該当する場合、雇用側が費用を負担する形で、無料で健康診断を受けることができます

 

ようするに、1年以上働いているか、1年以上働く予定があって、週に30時間以上シフトに入っているなら、問題なく会社の費用で健康診断が受けられるというわけです。

 

問題は、ここからです。

この定めに該当しない場合、会社側の費用負担で健康診断が受けられるかどうかは、会社の判断によります

 

会社が「いいよ」といえば受けられるし、「費用は自分で出してね」と言われればそうするしかないということ。

 

また、就業規則や契約時に、そうした取り決めをしている場合もあり、「基準に満たない健康診断は自己負担」と明記されている就業規則もあるようです。

 

これは雇用側の判断一つです。

ちなみに筆者の経験では、個人事業所のような小さな会社の場合、社長との関係を有効に保つことで、「あ、いいよ。いっておいで」と簡単にOKをもらえることがありますよ

 

健康診断に関わらず、普段から雇用側との関係をよく保っておくことも大切なことですね。

アルバイトの健康診断 受けたくない人の場合

ここまで読んでいただいたらお分かりのように、健康診断受けたくなければ、基準を満たさないことですね。

 

「1年以上働いていても、1年以上働く予定があっても、かなり姑息な手段ですが週29時間までなら大丈夫!」

 

残念ながら、そういうわけでもないようです

 

会社によっては、とくに大きなしっかりとした会社によっては、「パート、アルバイト関係なしに健康診断決行!」という会社もあります。

 

こうした場合、定めに関係なく受けることになります。

また、この場合、費用は自己負担のこともありますので注意が必要。

1000円だけ負担しますといった細かな取り決めのある会社もあります。

 

もし、全額費用負担してくれるなら、これは本当はものすごくお得なことなので、受けることをおすすめしますが、どうしても面倒だという場合、上司に相談してください。

 

結局、受けたい場合でも、受けたくない場合でも、上司、社長などに相談するのが一番です。

 

とくに受けたくない人の場合、身体のことを知られると困るような事情があることもあります。

病院が嫌いとか、採血が苦手、レントゲンが苦手、白衣が苦手など、いろいろな理由があります。

こうした場合も、信頼できる人に相談して話し合ってみることが大切でしょう。

アルバイトの健康診断は、受けれるなら受けた方が絶対お得

どちらにせよ、一度、就業規則や雇用契約書に「健康診断」についての定めがないかを確認してみましょう。

 

1年以上働いているか、1年以上働く予定があって、週30時間以上老づ時間がある場合、健康診断が義務付けられていて、その費用は会社が負担することになっています。

 

この部分だけでも、就業規則にきちんと書かれているかどうかを確認しておきましょう。

 

さらに、この定めに該当しない場合の健康診断について、記載があるかどうかも確認しておきましょう。

 

会社によっては、「該当しなくても費用出します」というところもあれば、「該当しない人は自己負担です」というところもありますし、とくに決まりのない会社もあります。

 

また、1ヶ月に4回以上の深夜業従事者の場合、あるいは、特定の危険・有害業務に就いている従業員に対しては、6ヶ月に1回ごとの健康診断を行わなければならないとも定められているようですので、該当する方はきちんと調べておいてください。

 

ただ、現在筆者は医療関係で働いているのですが、その点からお話しすると、やはり年に1度くらいはきちんと診察を受けておいた方が安心ということです。

 

最近は、若い方でも急変するようなことが多いですし、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病など、怖い病気がたくさんあります

 

もし、会社が費用を負担してくれて、年に一度は受けられるというのであれば、健康診断は受けておいた方が安心だと思います。

こういった機会がないと、自分では絶対に行きませんから。

まとめ

今回は、健康診断について見てきました。

筆者の経験上、費用の負担は会社が行うのか、自己負担なのか、就業規則を確認するなど、受ける前にはっきりさせておいた方がいいです。

 

受けてから「1000円のみ負担」と聞いてがっかりした記憶があります。

そういうときに限って「心電図に異常あり!」で再検査。

結局、何ともなかったんですがね。

 

病院が嫌いとか、面倒な気持ちもわかりますし、毎年ちゃんと受けたいという気持ちも分かります。

 

どちらかというと、特別なことがないなら面倒でも受けてきてほしいなと思います。

 

アルバイトで、しっかりと働くには健康管理が一番大切。

健康診断も含めて、自己管理には気を配り、身体を壊すことのないように気を付けてください!

 

とくに、「どうも最近調子が悪い」というような場合は、「何か見つかったら怖い」とか言ってないで、しっかりと健康診断を受けてきてください。

ほったらかしの方がよっぽど怖いですよ!!

 

健康第一でアルバイトしましょうね。

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」