フェアトレード★バイト@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイトに耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト日誌

次に忙しくなるバイト先はここ!?バレンタインを元に季節イベント商戦について

新しい年を迎え、そろそろ立春の季節ですね。みなさんは「2月」というと何を思い浮かべますか?筆者はまっさきに確定申告の時期だなぁなんて考えてしまいますが、一般的には「バレンタインデー」「節分」といった答えが返ってくるのではないかと思います。

今回は、そんなバレンタインや節分といった時期に盛んになる「季節商戦」に注目して、各季節に忙しくなる職種や、これから需要が増えそうなアルバイトなどを解説してみようと思います!同時に、季節イベントの由来や経済効果についてもまとめてみましたので、その辺が気になる方も楽しめる内容だと思います。

そういえばバレンタインって、いつから日本にあるんだろう?

バレンタインってもうすっかり日本文化の一部になってますよね。筆者が学生の頃も、2月14日というと男子と女子が妙に浮つくXデーって感じでした。
まぁチョコをもらえない男たちは決まって「お菓子業界の戦略に乗せられて」とか「日本人にバレンタイン関係ないだろ」な~んて強がりを言ってましたが、今思えばむなしいやり取りですね(笑

確かにバレンタインデーが一般的になったのは、お菓子業界による商業展開がきっかけだったのでしょうが、そうやって外国の文化が日本に広まった例ってすごく多いんですよ。
「クリスマス」「ハロウィン」なんかがその最たる例だし、節分の恵方巻だってそうです。節分という文化は昔から日本にあったものですが、恵方巻が一般化したのはコンビニが大々的に売りしたのが始まりだなんて言われてます

ちょっと嫌な言い方になりますけど、日本における季節イベントの大半は大衆が大企業の戦略にのせられた結果だ、とも言えちゃうんですよ。大企業の影響力って本当に恐ろしい。
でもまぁ何はともあれ、バレンタインを始めとする季節イベントの由来ってちょっと気になりますよね。すでにご存知の内容も多いかもしれませんが、各季節イベントごとの由来や起源をまとめてみましたので、気になる方はチェックしてみてください。

「バレンタイン」ってどういう風習?由来と起源も教えて!

バレンタインデーは、2月14日に女性が好きな男性にチョコレートを贈る日のことで、日本においては、本命の男性には「本命チョコ」を。仲のいい友達の男性には「義理チョコ」を贈るという習慣があります。最近は仲のいい女性同士で贈り合う「友チョコ」や自分のための「自己チョコ」なんかもあるそうで、バレンタインという文化は日本独自の変化をとげているようです。

バレンタインの名前の由来についてはご存知の方も多いでしょう。3世紀頃のローマの時代では、国のために命を捧げなければいけないという理由から、若者たちの結婚が禁じられていたんだそうです。しかしその若者たちを助け、密かに結婚させていた人物がいました。そう、それがバレンタインの由来となった「バレンタイン司祭」です。

2月14日というのは、皇帝の怒りをかってしまったバレンタイン司祭が処刑されてしまった日のことで、その後人々がその処刑された日をバレンタイン司祭が聖人となった日として祝うようになったのだとか。ということは、バレンタインという風習は実に数百年にわたって人々の心に残り続けているってことになるんですよ。そう考えると、なんだか威厳のあるお祭りなんだなーって気がしてきますね。

ちなみにバレンタインのお返しに男性が女性にプレゼントをする「ホワイトデー」というものもありますが、こちらは日本のお菓子メーカーが始めた日本生まれの文化だという説が濃厚です。元々日本人には「物をもらったら必ずお返しをする」という習慣がありましたから、企業が立案するまでもなく自然にできた習慣だとも言えますけどね。

「クリスマス」ってどういう風習?由来と起源も教えて!

日本におけるクリスマスは、12月25日に様々な装飾を施したクリスマスツリーを飾り、大きなクリスマスケーキと共に子どもたちへクリスマスプレゼントを贈る日のことです。
また、クリスマスの前日は「クリスマスイブ」と呼ばれ、日本では「恋人と過ごす日」として大衆の間に定着しています。

クリスマスの起源は超有名です。クリスマスが、かのイエス・キリストの誕生を祝う日だというのは多くの人が知っている事実でしょう。たまにキリストの「誕生日」だと思っている人がいますが、イエス・キリストの誕生日は現在でも不明のままです。

クリスマスは、イエス・キリストがこの世に誕生した喜びを祝う「降誕祭」だったという話です。キリスト様、生まれてきてくれてありがとうございます!っていう意味ですね。
ちなみに「クリス」はキリストを、「マス」はミサ(聖祭)を示しています。

「ハロウィン」ってどういう風習?由来と起源も教えて!

ハロウィンは、日本ではまだまだ定着したとは言いきれない新しい風習です。その内容は、おばけの仮装をしてカボチャの料理を食べたり、カボチャのランタンを作ったりするというもの。ディズニーやUSJなどに代表されるテーマパークなどでは、10月31日には大々的にハロウィンイベントなどが行われているようで、どちらかというと大きなイベントとしてみんなで楽しむ文化といったイメージがあります。

ハロウィンの由来については、元々は「秋の収穫を祝う祭りだった」「悪霊を追い払うという意味があった」といった点は知っている人もいるようですが、その起源となるとあまり知られてはいないようです。ハロウィンの起源は古く、2000年以上も昔のケルト民族の宗教に由来しています。詳しい内容は省きますが、この頃からすでに、仮面をかぶったりといった現在の「仮装」につながる要素があったみたいです。

実はハロウィンという習慣はちょっとだけ日本の「お盆」に似ているところがあるんですよ。
カボチャを細工してろうそくを立てたりしますよね?あれは親族の霊の目印になっているそうで、日本人がナスビやキュウリに細工をして飾る「精霊馬」と同じような意味を持っています。ただハロウィンの場合は霊と一緒に悪霊なんかも来ちゃうそうですから、それで仮装をして厄払いをするのだとか。

「節分(恵方巻)」ってどういう風習?由来と起源も教えて!

節分と言えば、元々は「鬼は外!福は内!」という掛け声で豆まきをして厄払いをする風習のことでしたが、ここ数年でその風習の内容は様変わりしています。
今では節分になると、コンビニやスーパーで「恵方巻」と呼ばれる太巻き寿司が販売され、その太巻き寿司を「恵方を向きながら1本まるごと食べる」という習慣が根付いてきたようです。恵方巻にも年々アイデアをこらしたものが登場しています。

恵方巻の由来や起源については諸説があるようではっきりしません。ただ「節分に太巻き寿司を食べる」という風習は江戸時代の大阪に元々あったものらしく、それをコンビニが全国に広めたのが現在の節分=恵方巻の始まりだとか。

どうやら、今のように「節分に恵方巻を食べる」という習慣を大衆に定着させたのはコンビニの商業戦略によるところが大きいようですね。単純に太巻き寿司を販売するだけでなく、伝統的な風習と一緒にして売り出すことで「節分には恵方巻を食べなきゃ!」といったイメージを私たちに植え付けたというわけです。この戦略はまさに大成功したと言えるでしょうね。単なる太巻き寿司を「恵方巻」という呼び方にしたのも、実はコンビニなんですよ。

いやーしかし、季節イベントの起源や由来を調べてみると、私たち日本人ってけっこういろいろな文化を吸収しちゃってるんですね。自分のことながら、フットワークの軽い国民性だなぁとちょっと関心します。まぁその背景には、日本企業の商業戦略が絡んでいる場合が多いっていうんですから、なんとも複雑な思いがしますけど(笑

でも筆者個人としては楽しいイベントが増えるのは大歓迎です!最近ハロウィンの文化もどんどん定着してきてますし、そのうちクリスマス並にハロウィンが当たり前になる日がくるかもしれませんね。お祭り的な行事が増えるのはいいことだと思います。

季節イベントの経済効果ってすごいんですって話!

日本には「季節イベント」という言葉がありますよね。この2月も季節イベントが多い時期で、コンビニを始めとする各企業は様々な季節商品を売り出してしのぎを削ります。

バレンタインや節分の時期になると、各商店などは季節商品を売り込むため超多忙となるらしく、短期や高単価のアルバイトの募集も相当増えるのだとか。アルバイトを探している人にとっては、まさに大チャンスの時期到来!といったところです。

では具体的に、バレンタインや節分のような季節イベントの時期になると、どういった職種が忙しくなるのかを考えてみましょう。調べてわかったんですが、各季節ごとのイベントは思った以上に経済効果が高いようで筆者も驚きました。コンビニ各社が力を入れるわけですよねぇ。みなさんも是非チェックしてみてください。

気になる季節イベントの経済効果とは!

まず、各季節イベントの経済効果がどのくらいなのかをざっと数字で見て頂きましょう。どの年に、どのくらいの経済効果があったのかを簡単にまとめてみましたのでご覧ください。
(※日本記念日協会の調査したデータを参考にさせて頂きました。)

日本記念日教会のサイトURLはこちら!

参考:記念日文化研究所

2017年 クリスマス関連の経済効果 約6740億円
2017年 バレンタイン関連の経済効果 約1380億円
2017年 ハロウィン関連の経済効果 約1300億円
2015年 節分(恵方巻)関連の経済効果 約540億円

こうして見ると一目瞭然ですが、クリスマスの経済効果がダントツです。12月というと「ボーナス」や「年末」という要素も加わって日本中が大きな賑わいを見せますので無理もありませんが、クリスマスという文化が日本人の心にすっかり定着しているという証拠とも言えるでしょう。10年以上前には1兆円を超える年もあったそうですよ。クリスマスってすごい!

とは言えバレンタインやハロウィンの経済効果も相当なもの。特にハロウィンは、つい数年前まではバレンタインの半分ほどの市場規模だったものが、ココ数年で急成長しているそうです。2018年にはバレンタインの経済効果を追い抜いてしまうかもしれませんね。

それに比べると節分(恵方巻)はまだまだ規模が小さいですが、その成長率はかなりのものです。2018年には太巻き寿司タイプの恵方巻だけでなく、ロールケーキ型サンドウィッチ型の恵方巻まで登場しているそうですので、これから市場規模がどんどん伸びていくと予想できます。今後はコンビニやスーパーなどに関連した小売業、製造業はますます忙しくなっていきそうです。

こういった季節イベントは、年々その規模を増しています。街中が様々なイルミネーションで装飾されたり、その季節限定の高級な商品などが売り出されるなど、各企業はありとあらゆる手段を講じてイベントを盛り上げようとしているようです。
最近は「派遣バイト」なんていう働き方もありますし、今後は各季節イベントを渡り歩くようなアルバイトのやり方もできるようになるのかもしれませんね。

季節に関連したイベントや商品は盛りだくさん!!

一言に季節イベントといってもその種類は様々です。クリスマスやバレンタインのような大きなイベントは誰でも知っていますが、「意外と知られていない」「知ってても忘れている」ような行事、イベントってけっこう多いんです。

というわけで、こちらでは日本における年中行事と、それに関する商業などを簡単にまとめてみましたので、季節イベントのお仕事を探す際の参考にしてみてください。

「1月」

  • 新年(正月用品販売 新年会の会場となる飲食店)
  • 初詣(神社・仏閣の巫女など)
  • 成人式(着物販売やレンタル、着付けなど 成人式の会場貸出)
  • 七草粥(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)
  • 冬季スポーツ(スキー・スノボ関連商品 スキー場のインストラクターなど)

「2月」

  • 節分(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)
  • バレンタイン(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)

「3月」

  • ひな祭り(節句物を扱う商店 製造工場 コンビニ・スーパーなどの各商店)
  • ホワイトデー(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)
  • お花見(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)
  • 卒業式(スーツや制服などの販売 製造など)

「4月」

  • 入学式(スーツや制服などの販売 製造など)
  • お花見(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 製造工場)

「5月」

  • ゴールデンウィーク(各飲食店 旅行代理店 交通整理など)
  • こどもの日(節句物を扱う商店 製造工場 コンビニ・スーパーなどの各商店)
  • 母の日(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 花屋など)

「6月」

  • 衣替え(衣料品店など ※ボーナス商戦とも重なる)

「7月」

  • 七夕(七夕グッズ販売 各地域のお祭り 屋台 イベント会場設営など)
  • 海水浴(海グッズ販売 海の家などの施設)
  • お中元(贈答品などを販売する各商店 製造工場 郵便局・宅急便など)

「8月」

  • お盆(関連商品の販売 スーパーなどの小売店 デパ地下などの販売 製造工場)
  • 花火大会(夏祭りなどの会場設営 屋台 交通整理など)

「9月」

  • 敬老の日(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売)
  • 栗拾い(関連商品の販売 製造など)

「10月」

  • 運動会(家電製品の製造 販売など)
  • ハロウィン(関連商品の販売 洋品店や雑貨店の販売 イベント会場設営など)

「11月」

  • 七五三(神社・仏閣の巫女など 節句物を扱う商店 着物販売やレンタル、着付けなど)
  • お歳暮(贈答品などを販売する各商店 製造工場 郵便局・宅急便など)
  • ブラックフライデー(販売業全般 クリスマス商戦開始時期と重なる)

「12月」

  • クリスマス(コンビニ・スーパーなどの各商店 デパ地下などの販売 イベント会場設営)
  • 年末(年末用品販売 忘年会の会場となる飲食店)
  • 衣替え(衣料品店など ※特に年末ということもありデパートの洋品店などは混雑する)
  • サイバーマンデー(Amazonなどのネットショップでの販売 配送)

その時期ならではの、お得でスペシャルなアルバイトも!?

前の項目でざっと年中行事をご紹介しましたが、それらに関連した「その時期だけのお仕事」は全国にたくさんあります。特に各イベント会場の設営のアルバイトなんかは1日からでもできる短期のバイトとして人気ですし、関連商品の製造工場なども忙しい季節になると人員を増員するため、面接に合格しやすくなるといったメリットもあります。

「巫女」や「海の家」なんかはその時期だけのアルバイトですから、一度くらいはやってみたいなーなんて人もいるのではないでしょうか?給料などの条件は別にして、イベントを楽しみながら働ける、というのも季節イベントならではの働き方だと思いますよ。

もちろんその時期だからこそ稼げる!というお仕事もあります。例えば「交通整理」のアルバイト。一見地味ですが、イベントごとがある場所には必ず必要になるお仕事ですので需要が高いんです。数時間立ちっぱなしで車を誘導しますので重労働ですが、その分給料は高めです。日当制の場合が多いですし、短期間ですぐにお金が欲しい場合にはいいお仕事だと思います。

それから何と言っても、期間限定のスキー場などのレジャー施設でのアルバイトですね。冬の数ヶ月の間だけのお仕事ですし、インストラクターなどは給料が高い場合が多いです。年末年始のために冬にドーンと稼いでおきたい!なんて人にピッタリでしょう。仕事の後にスキーやスノボを楽しめるのも大きなポイントです。

この他にもその時期ならではの仕事はたくさんあります。しかもそういったお仕事は、「忙しくて人手が欲しい!」「この時期に稼げるだけ稼ぎたい!」といった、雇う側の事情から入社しやすかったり、給料が高かったりすることが多いんですよね。

ヘタに長期の安定したアルバイトをするよりも、こういった短期間のアルバイトを転々とするほうが、ひょっとしたら結果的には効率がいいのかもしれません。お住いの地域に季節イベントやお祭りが多い人は、まっさきにイベント関連のお仕事をチェックするべきです!

こうやって、経済ってやつは回っているんですよ!

ここでちょっとバレンタインや節分の話に戻しますね。年中行事の項目を見て頂くとわかるんですが、月によってはイベントが少ない時期やほとんどイベントがない月ってありますよね。例えば10月は、本来大きなイベントごとは運動会だけで、コンビニやデパートのような販売店にとっては、大した経済効果がなかったんです。

しかし外国の文化である「ハロウィン」を大衆に定着させたことで、今では日本全体で1300億円もの経済効果を生み出し、コンビニやデパートなどでは様々なハロウィン関連商品を売り出すようになりました。ハロウィンで使うカボチャの農家やそれに関連した商売などもこの時期に向けて活発になっているのは言うまでもありません。

そう、各大企業はこうやって、何もなかった月に風習や文化を取り入れた「イベント」を定着させることで、企業全体の利益、ひいては日本全体の経済効果を高めようという戦略を常に進めているんです。大企業って本当に恐ろしい(2度目

考えてみれば節分だってそうですよね。元々は豆まきをするだけの風習でしたから、豆や鬼のお面などを販売するだけではそれほど大きな経済効果は得られなかったんでしょう。そこに「恵方巻」というアイテムを取り入れたことで、市場規模が一気に拡大!デパートにある高級店などでは、和牛などの高級食材を使った1本1万円以上もする恵方巻がバンバン売れているそうです。一度でいいからそんな恵方巻を丸かじりしてみたいものですねぇ。

風習や文化を根付かせたのがたった一つの企業戦略によるものだったとしても、それによる影響は日本全国の販売店や人々に及びます。「経済波及効果」ってやつです。おそらくこれからも、コンビニなどを経営する大企業は様々な風習や文化を取り入れて経済を活発化させようとするはずです。次は一体どんな文化が私たちの日本に取り入れられるのか、今からすご~く気になるところですね。

予測してみよう!次にきそうなイベントや商品ってなんだろう?

大企業の企業戦略によって様々な文化が根付いた私たちの日本。他国の文化を始め、私たちが忘れてしまった日本の文化なども、これからどんどん大衆に広まっていくのでは!?

というわけで、「これからきそうなイベントはこれだ!」と題して、ハロウィンのようにこれから成長していきそうな風習や文化が何なのか、予測してみようと思います。
(あくまで筆者の思いつきです。深く考えないようお願いします(笑)

これからきそうなイベントはこれだ!その①「イースター(復活祭)」

イースターと言われるとピンと来ない人も多いでしょうが、「イースターエッグ」と言えば、んとなくわかる!という人も多いかもしれません。実は日本でも小規模ながらイースター関連のイベントは行われていて、ディズニーなどのテーマパークでは毎年大々的にイベント興行が行われているんです。市場規模は8億円ほどとまだまだ小さいものの、ここ数年でその規模が数倍に急成長しているらしく、これからどんどん成長するだろうと期待されています。

しかも日本人って、イースターというお祭りそのものは知らなくても、イースターにまつわるお話は知っていることが多いんですよ。どうしてかというと、それは映画やアニメなどのお話にイースターに関連したエピソードが使われることが多いからなんです。

「インペリアル・イースター・エッグ」って聞いたことありませんか?ロマノフ王朝が特別に作らせたイースターエッグのことで、オークションにかけらると何十億円っていう値がつくことで有名なやつです。イースターでは、卵に装飾やペイントをする「エッグペイント」というものを行って綺麗な卵を作るんですが、それの超豪華バージョンがインペリアル・イースター・エッグというわけです。

ロマノフ王朝の逸話などと一緒に、このエッグペイントをイベントに取り込んでいけば、大きなイベントとして十分通用するんじゃないかなーと、筆者は勝手な予想をしています。綺麗な装飾をするって女性に人気出そうですからね、大衆に受け入れられる可能性は十分にあると思いますよ。

これからきそうなイベントはこれだ!その②「初午(はつうま)」

こちらはちょっと節分の恵方巻とかぶっちゃう内容なんですが、日本の稲荷神にまつわる昔ながらの風習です。起源や由来といったものは省きますが、風習を要約すると、「2月の最初の牛の日に、いなり寿司を食べると福を招く!」といった内容です。

恵方巻と同じように、とりあえず食べておこう!みたいな風習が定着すれば、いろいろないなり寿司を考案して売りに出せますし、昔ながらの風習という部分から、神社や仏閣でそれに関したイベントを行ったりするのもいいかもしれません。風習の内容がかぶっているのを逆に利用して、恵方巻とコラボしても面白そうです。

最近は商戦がきびしいのか、コンビニなどでは伝統文化の「形」にあまりこだわらなくなってきているところがあります。ロールケーキ型の恵方巻なんかがそうですね。ここでご紹介した初午も、ひょっとしたらいなり寿司ではなく、何か別のものになって登場したりするかもしれません。ちょっと楽しみですね。

ただまぁ、伝統文化が悪い方向に向かうのでは?と懸念している人もたくさんいますので、そういった戦略が吉と出るか凶と出るかは神のみぞ知るといったところです。大企業各社の今後の頑張りに期待したいしましょう。

まとめ

コンビニを始めとする販売業は、ここ最近人手不足の傾向にあると言われています。特にフランチャイズ経営のコンビニの店舗では、本社から納品される季節ごとの商品の数がとてつもない数で、それらを売り切るのが難しい店舗も多いのだとか。

今後、様々な季節イベントが増えていくとなると、人手不足は今よりももっと深刻になっていくのかもしません。しかし逆に考えると、人手不足解消のためアルバイトの時給が上がったり、高単価のその時期限定のお仕事などが増えることも予想できます。そういった意味では、今後のコンビニやスーパー、デパートといった販売店のお仕事には注目しておくべきなのかもしれません。

けんぷープロフィール画像

けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。

uma.es/ Inicio - Universidad de Málaga Comercio Justo