フェアトレード★バイト@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイトに耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト日誌

元吉野家店員がガチで語る!【吉野家のバイト】のメリット・デメリット

 

時給もアクセスもいい吉野家のバイト♪


2018年2月の「SUPER FRYDAY」で、ソフトバンクユーザーなら毎週金曜日に吉野家の牛丼並盛を1杯分、学生は2倍の2杯分のクーポンをもらえる♪ということで吉野家に注目が集まりましたね。

でもそのせいで吉野家に大行列ができてしまい、店舗周辺の交通渋滞まで巻き起こすほどの騒動に発展してしまいました…。
 


そんな話題の吉野家ですが、他の飲食店と比べて多少時給が高いことをご存じですか?

飲食チェーン店の時給相場は、東京の場合1000円ちょいです。

一方、東京の吉野家の時給相場は1100円。

ほかと比べて際立って高いわけではありませんが、吉野家は一般的にカフェやファミレスの平均よりも時給が高いのですよ♪

自分は大学生のときにセブンイレブンとかけもちで、東京北区にある吉野家でもアルバイトをしていました。

学校に行く前の、朝6時から9時までの朝定食タイムがメインで働いていましたが、ときどき土日祝日の昼番(8時から17時まで)や、夜番(17時から22時)のシフトにも入っていました。

その当時私は、学費を稼ぐため(飲食業に興味があったのもあるのですが…)セブンイレブンのほかにも、飲食店や居酒屋などあちこちで働いていたのでした。

それなのになぜ、吉野家でもバイトを始めたのかというと、吉野家が通学路にあり通学前にサクッと働ける上、時給がほかと比べて良かったからです♪

自分がいた店舗は、同世代の高校生や専門学生も多くバイト仲間同士でとても仲がよかったので、働いて良かったと思っています。

人間関係が良すぎて、大学4年間のバイト期間はあっという間に過ぎ去り、社会人になってもたまにシフトに入っていたほどです。

もちろん、吉野家のバイトは楽しいことばかりではなく、ストレスになることもヘトヘトになることもたくさんありました。

そこで今回は、元吉野家のバイト店員だった自分の体験談を中心に、吉野家でバイトをするなら知っておきたい、メリットとデメリットをご紹介します。

吉野家バイトでの、驚きのエピソードもありますよ!

吉野家に限らず、松屋やすき屋など牛丼屋に共通する点も多いので、牛丼屋のアルバイトが気になる方は、せひチェックしてみてください!

〜「吉野家のバイト」の心の地図〜

f:id:educaredstarlight:20180307121123p:plain

出展:MIERUCA

 

吉野家バイトってどんな感じ?

牛丼屋ではファミレスや居酒屋などと違い、キッチンとホールが明確には分かれていません。


バイトスタッフがたくさん入っているときには、接客担当の「カウンター」と調理・洗い場担当の「バック」に分かれます。

でも、他のスタッフが休憩に入っているときや、深夜などスタッフが1~2人しかいないときには、その両方の仕事をこなさなければならないので、店のひと通りの仕事を覚える必要があります。

カウンターでは接客以外にも、紅ショウガや割りばし、ショーケースのサラダなどを補充したり、フロアやトイレを清掃したりします。

バックでは、肉を煮たりご飯を炊いたり、注文が入ったら牛丼を盛り付けたりするほか、煮汁をこしたり、食器を洗浄機にかけたり、床をモップ掛けしたりとやることはたくさんです。

接客を優先にしなければならないのはもちろんですが、かといって調理や補充をおろそかにすると店が回らなくなるので、すべての業務に気を回す必要があります。

ですから、バイトを上がる頃にはヘトヘトになるほど。

とはいえ、お客さんが少ないアイドルタイムでもやることもたくさんあるので、バイト時間があっという間に過ぎていきますよ♪

ここでさっそく、自分が吉野家バイトで体験したエピソードや、メリット・デメリットをご紹介しましょう。

吉野家バイトの驚きエピソード

毎朝のように吉野家を訪れるお客さんで、必ず持ち帰りで注文する人がいました。

でも注文するメニューはいつも必ず同じで、ご飯の並だけ。

朝の時間帯は通勤客でごったがえしていて、バイトスタッフもみんな殺気立っていたので、このお客さんに対してみんな「ごはんだけなら自分で炊けよ!」みたいな気持ちを抱いていました…。

毎日ご飯しか持ち帰らないとはいえ、この常連さんはまだお金をちゃんと払っていたのでまだマシな方です。

吉野家でアルバイトしていたときには、食い逃げするお客さんを目撃したこともあります。

食い逃げ犯はピークタイムで忙しい時間帯を狙って来店し、食べ終わるとスッと立ち上がって走って逃げて行ったのです。

「お会計まだですよ!」

「待て!」

という店員の呼びかけもむなしく、あっという間に犯人は逃げ去っていきました。

ほかのお客さんもたくさんいるので追いかけていくわけにも行かず、その場にいたバイト仲間はみんな思わずあ然とするばかり。

後から店長に言われたのですが、たとえお客さんが少なくて余裕があるときでも、食い逃げを追いかけてはいけないとのことでした。

万が一犯人が刃物などを持っていたら、近寄るのは危険だからです。

それにしても、食い逃げの現場を見るのは初めてだったので、自分にとってはとても衝撃的な事件でした。

嫌なお客さんの話ばかりしてしまいましたが、いいお客さんももちろんたくさんいますよ。

近所のミスドで十数個ものドーナッツを持ってきて、「みんなで食べて」と差し入れしてくれるお客さんや、「毎朝頑張ってるね」とペットボトルのジュースなどをくれるお客さんもときどきいました。

ほかにも、「ありがとう」とか「ごくろうさま」と声をかけてくれるお客さんはけっこうたくさんいます。

そんなお客さんの温かいひと声で、やる気がわいてくることもしばしばでしたよ。

思いがけずドーナッツやジュースをもらえたり、感謝の言葉をもらう喜びもありましたが、それ以上に、頑張りを応援してくれるお客さんの気遣いがうれしかったです。
 

吉野家バイトのメリット

吉野家でバイトするメリットで大きな点は、お給料日が2回あることでしょう。

短期・単発のアルバイトでは、日払いや週払いもありますが、レギュラーワークでお給料日が2回ある仕事はなかなかありませんよね。

ちょこちょこ出費がある人や、趣味にお金がかかっている人にはうれしい制度です。

評価基準がしっかりしていて、努力の成果がきちんと時給アップにつながるという点も、吉野家で働くメリットのひとつ。

1回に10円程度しか上がりませんが、それでも会社が仕事ぶりを評価してくれるというのは、働く上でのモチベーションになりますよね♪

店長がちゃんと評価してくれるので、次はこれをできるように頑張ろう、という目標もできて働きがいがありましたよ。

吉野家バイトのデメリット

実は自分は、吉野家を辞めた後に東京池袋にある松屋でもバイトしたことがあります。(こちらも駅前にあって、時給がとっても良かったのです♪)

吉野家経験者だったのため、即戦力として即採用でした。

吉野家と松屋をダブルで牛丼チェーンを経験した私の感想では、牛丼屋のメリットは忙しいのでバイト時間があっという間に感じられたことです。

自分の性格では、時間を持て余してし合うほどヒマだと苦痛に感じてしまうため、常にあわただしい牛丼屋は性に合っていました。

また、吉野家では4時間以上の勤務で、牛丼並みをまかないとして無料で食べらるのもうれしいメリットです。

とはいえ、まかないは店舗によっても条件が異なります。

無料ではなく、6~7割引きで食べられるというところも。

一方、牛丼チェーン店全般のデメリットとしては、なんといっても髪の毛や手に牛丼の匂いが染み付いてしまうことです。

制服やエプロンが支給されるので服に匂いが付くのは免れますが、フルで働くと牛丼の匂いが自分にもしみついて鼻につくほど…。

また、ピーク時には牛丼やお会計を待っている間にイライラしているお客さんや、ぶっきらぼうにクレームを付けてくるお客さんも多いので、そうしたストレスもたまります。

とはいえ接客業では多かれ少なかれ、態度の悪いお客さんやクレームを付けてくるお客さんが付きものなので、牛丼チェーン店に限ったことではありませんが…。

吉野家の場合のデメリットはもうひとつ、食券制ではないので注文内容をしっかり覚えて、間違いのないように提供しなければならないというプレッシャーもあります。

その点松屋の場合は、ピーク時にお客さんの注文が頭の中でごっちゃになっても、食券がお客さんの前に置いてあるので安心です。

ただ、吉野家の場合はメニューが少ないので、慣れればすぐにお客さんの注文を覚えられるようになります。

ですから、それほど心配しなくても大丈夫ですよ♪

牛丼屋のアルバイトはこのように、忙しくて大変な面も多く体力も必要ですが、ほかの飲食店に比べて特に大変というわけではありません。

牛丼のにおいが気にならず、どうせ働くなら高時給な方がいいと考えている人には、牛丼屋のアルバイトはぜひオススメです!

 吉野家の求人情報はこちら♪

学校や自宅の近くの吉野家で働きたいと思ったら、吉野家の公式サイトから最寄りの店舗のバイト求人情報をチェックすることができます!

アルバイト経験のない高校生や大学生、フリーター、主婦(夫)など、幅広い年齢層のスタッフを大量に募集中ですよ。

吉野家の牛丼が好きな方や、高時給でサクッと働きたい人は、さっそく求人サイトから応募してみてはいかがでしょうか?

吉野家公式求人ページ

人手不足でバイトは売り手市場?バイトが辞める理由と、面接前の心得を徹底解説

人手不足でバイトは売り手市場?バイトが辞める理由と、面接前の心得を徹底解説

今の日本って、好景気をうたってて、就職活動やバイトであっても、労働者のほうが企業を選ぶっていう感じになってますよね?(個人的には全然景気がいい感じはしませんが…)また、バイトにいたっては飲食業界やコンビニ業界は、一見すると高待遇のところもたくさんあるのに、ずっと人手不足って言われていて、その理由なんかも気になります。そこで今回は、一部の業界で、バイトさえも人手不足になる理由…なんかについて、その実態に迫ってみました。

なぜ高待遇なのに人手不足になるの?

まず、人手不足の代表格と言えば、居酒屋・ファミレスなどの飲食業だと思います。居酒屋大手のお店なんかはずっと求人広告を出していますし、逆にずっと求人を出し続けることで、「あっ、ココ又求人出てるから、ここのお店よっぽどしんどんじゃ…」などという憶測を生み、さらに人手不足に拍車をかけてしまいます。しかし、そんな飲食業では「時給1,200円・まかない付き!」なんていう高待遇で求人広告を出している例もあり、「なんでこんなに高待遇なのに、人手が足らないの?」って不思議になっちゃいます。そこで、このような業界で何故高待遇なのにも関わらず、人手不足になってしまうのか?リサーチしてみました。

結局は、若者の「ストレス耐性」が原因!?

以前までだと、これだけの高待遇を用意すれば、バイトもある程度定着するような時代はありました。しかし、今はそれが通用しない時代…。それはなぜなのか…?僕が思うに、最近はやっぱり若者のストレス耐性が弱くなっている…って事が原因では?と思います。特に飲食業って、簡単そうに見えて実は難しくて、しかもスピードがかなり要求されてしまいます。また、基本的に顧客対応の第一線で働く事になるので、お客からは文句を言われ、お店からは「早くしろ」と言われ、その板ばさみのストレスに耐え切れなくなって、辞めていくってパターンが常態化していると思うんです。これが昔だと、「我慢して当然」とか、「3年我慢しないと、一人前にはなれない!」っていう考え方が定着してたんですけど、今はすぐに辞めても仕事があるし、「嫌なこと我慢するくらいだったら、さっさと辞めて別の仕事見つけよっと」っていう感じで、気軽に辞めてしまう…って言うのが現実みたいです。

各企業の人手不足対策

では、そんな人手不足に各企業はどんな対策をしているのか…って事も気になりますよね?居酒屋のチェーン店とか大手コンビニとかは、それなりの対策をしていて、代表的なのは先ほどもお伝えした「高時給」「高待遇・充実した福利厚生」っていう感じです。でも、最近ではそれでも人手が足らないみたいで、白木屋なんかを運営するモンテローザとかでは、給料の前借り制度なんかも導入しています。この給料の前借り制度は、最近とても流行っていて、特に外食産業や運送業界など、比較的人材が定着しないような業界で、積極的に採用されているみたいです。でも給料の前借り制度って、結局は自分が働いた分、且つまだ未支給の給料から前借りするだけなんで、結局は次の給料が減るって事になって、あんまり得するって事にはならないんですけどね…。でも、そんなふうにフレキシブルに対応してくれる給与システムを採用している会社のほうが、人材の定着率が上がったり、応募数も上がったりしているみたいなんで、少なからず効果はあるみたいですね。参考までに、モンテローザで採用されている「東京都民銀行の前給制度」っていうやつのURLを貼っておいたんで、参考にしてみてください。

東京都民銀行 前給制度

人手不足なら面接には合格しやすいの?

では、そんな人手不足の業界に面接に行ったら「さぞ、人を欲しがっているから、少々ダメでも面接には受かるよな?」っていう気持ちにもなりますよね?わかります…その気持ち。でも実際には、現実はそう甘くはないみたいです。特に外食産業とかは、お客さんと直接触れ合うスタッフを採用するので、基本的に人手不足でも採用基準を下げたりはしません。お客さんに誠実に対応できる人材であるって事はもちろんなんですが、協調性がないような人を採用すると、まわりのスタッフにも影響を及ぼしてしまって、さらに人材難を生む原因にもなるからです。ですから、いくら人手不足のお店に面接に行くからっていって、不潔な服装で行ったり、受け答えを適当にしていたりすると、絶対に落ちちゃいますから、気をつけてくださいね。

まとめ

今回は、バイトの人手不足事情と企業の対策なんかについてお伝えしました。最近では外食産業とかも人手不足が続いていて、お客さんの案内や待ち時間を案内するのに機械を使ったり、またAIロボットなんかも使うお店も出てきました。個人的には、このまま人手不足が続くと、ついにはお店からスタッフが居なくなって、注文は全部タブレット、テーブルに届けるのはロボット、さらにはお皿洗いも全自動で人要らず…っていう時代が来るんじゃないかなって思ったりしてます。(笑)

よっしぃ~

最近、なんと野菜作りにハマッてますww

近所で貸し農園を借りて、野菜を作ったり

捥ぎ立てのトマトは最高っすよ!

仕事をサボってミュウツーをゲットしに来た人にサボり理由を聞いてみた

こんにちはぐろめです。

先日ポケモンGOでEXレイドパスが当たったので、ミュウツーをゲットしに行きました。

 

前回は仕事と被っていたため、断念したのですが2回目は仕事とかぶらなかったので参加してきました。

前回の自分みたいに仕事と被って仕事を選択する人がいる一方、仕事をさぼってこっそり参加する方もいます。

仕事とかぶってしまった人が、一体どのような理由でアルバイトや仕事を休んで来たのか?
今回は実際に現地でインタビューした方からの意見を紹介していきたいと思います。


(一応ミュウツー)

休めないから友人に託す?!

最初にインタビューしたのは主婦の方。残念ながら顔出しはNGでしたが、バトル前にいっぱい話をしてくれた良い方でした。

僕が現場に着いたときに、その主婦の方はテーブルの上にスマホを4台置いていました。
まさか全部自分のスマホ?!と思い話を聞いたところ、どうやらその時間に来ることができないパートの友人のスマホだそうです。
ここに来る前にも別のジムでミュウツーと戦ってきて、この現場が3試合目ということで度肝を抜かれました...。

いざ試合が始まると、両手でひたすら複数のスマホの画面を連打している光景はすさまじかったです...。

悲しいことに友人のスマホではゲットできたようですが、ご自身のアカウントではゲットできなかったようです。
しかしすでに3体持っているとのことだったのでそこまで落ち込んでいませんでした。

<結論>
自分が参加できないなら、友人に託す!
これは予想していない答えだったので驚きでした。

正直に理由を言う勇者も

次に話を聞いたのは20代前半位の方。この方も顔出しNGでしたが(というより全員顔出しNGでした笑)、親切に答えてくれました。

その男性は、会社からバトル会場までの距離は遠く本来の退勤時間であれば全然間に合わないという方でした。
そのため、この日に貴重な有給を使用して参戦したとのことでした。

そうそう。こういう人を求めていたんです。
いきなりスマホ4台持ちの主婦に度肝を抜かされペースを掴めませんでしたが、ようやくずる休みの理由を聞けそうです。
どうやって今日は来たんですか?と聞いたら、「上司にミュウツーとバトルしたいので有給欲しいですと言ったんですよー」とのことでした。

まさかこのような猛者に出会えるとも思っていませんでした...。

これで有給が通ったのが信じられませんが、上司もガチ勢で理解があったから許してくれたとの事でした。職場によっては正直に理由を伝えるのも良いということでしょう。

<結論>
ものわかりのいい上司であれば正直に伝えてみよう!

仕事を抜け出して休憩時間に参戦

自分がインタビューをしているのを見て、自ら話しかけてくれた方がいました。

その方はアルバイトのシフトが入っていたのですが、シフトを代わってくれる人も見つからず仕方なく休憩時間をずらして休憩中に参加しにきたとのことでした。

自宅に忘れ物をしたので休憩中に取りに帰りますといって店を抜け出して来たようです。

休憩時間が自由な仕事であればこういった方法でバトルをするのも可能でしょう。

まとめ

関連記事:バイトの休み理由完全ガイド|使える理由と連絡方法を、風邪や法事などパターン別に紹介

coperの上記の関連記事に書かれている方法で休んでいる方も中にはいましたが、仲間に託す方もいれば、正直に参戦を表明する方。また休憩中に参戦する方までいたりと、自分の予想を上回る参戦方法が多くいらっしゃって驚きでした。

本気で休みたいときは熱意を持って伝えれば意外と了承してくれることがわかりました。

ちなみにゲットしました。


出典:ポケモンGO

わーい。

おしまい

 

ぐろめ

そのTLでは戦力になりませんね、と主婦に言われました...。