フェアトレード★バイト@ciudadjusta

搾取はやめて><。ぼくたちはもう、ブラックバイトに耐えられない。公正で持続可能な職場を求めてさまようアルバイト日誌

ローソンのバイト総まとめ!これさえ読めば全てがわかる!

 

はじめに

【2018年5月18日追記】100円ローソンだけではなく、ローソンとナチュラルローソンについても解説を追記しました。

新たにローソンのバイトとナチュラルローソンのバイトの口コミを追記しました。

今年の冬は野菜が高かったですね。

もうすぐ春になるというのに、まだまだいつものような価格まで下がってはいませんが。

こんな時に私が頼りにしているのは「100円ローソン」。

お菓子や飲み物、雑貨類だけでなく、お肉やタマゴ、新鮮な野菜まで店頭に並んでいます。

普段は100均感覚で来店するお店ですが、今年は違います。

野菜がスーパーで買うよりかなりお得なことが!

それを知ってから、100円ローソンに来店する頻度がかなり増えました。

お店に通ってみると、その品ぞろえに改めて驚きます。

スーパーとコンビニのいいとこどりの品揃え。

これだけの商品を扱うお店のアルバイトってどんな感じなんだろう?

そんな訳で、今回は100円ローソンのバイトについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

100円ローソンとはどんなお店?

ローソンは数多くありますが、100円ローソンはない、という地域も多いですよね。

そんな人のために、どんなお店かチラッとご説明を。

よく「100円ローソン」って呼ばれてますけど、正確な店名は「ローソンストア100」。

LOWSONとの違いをここでは解説していきましょう。

◆スーパーの幅広い品揃え

取扱商品数は約4,000品。
生鮮食品、惣菜、日用品など、日常生活に必要な商品を取りそろえる何でも屋さんです。

◆コンビニエンスストアの利便性

毎日、いつでも利用できるようにほとんどのお店が24時間営業。
ほどよい広さなので、買い物をするのもラクラク。

◆100円ショップの均一価格

ほとんどの商品は100円!(税込み108円)の均一価格で、
金額を気にすることなく、安心して買い物を楽しめます。

これら3つのお店のメリットを兼ね備えているところです。

100円ローソンのバイトの仕事内容

100円ローソンのアルバイトの仕事は、レジの接客や清掃などの基本的な仕事から、売り場づくり、発注など店舗運営に関するお仕事にまで至ります。

仕事の内容について、詳しくみていきましょう!

【レジ接客】

バイト中の多くの時間はレジ接客になります。

具体的な仕事内容としては、レジ業務全般です。

購入した商品の会計、袋詰め、公共料金の支払い、ゆうパックの受付、焼き芋の販売などがあります。
最初のうちは覚えることも多く大変ですが、慣れないうちは店長や先輩がフォローしれくれるので大丈夫です。

コンビニなどでは、レジ袋いっぱいに購入する人はあまりいませんが、野菜などの生鮮食品を扱う100円ローソンでは、1人で購入する商品数が多いこともしばしば。
そんなときに悩むのが袋詰めの順番です。
でも心配いりません。
袋詰めの順番などもマニュアルにすべて載っているので、困ったときにもマニュアルを読めば大抵のことが解決できるようになっています。

【売り場づくり】

100円ローソンで取り扱う商品は約3,500~4,000種類もあります。
その割にお店はコンパクトなので、限られたスペースに商品を効率よく陳列する必要があります。
お客様が「見やすく」「買いやすい」商品の陳列が出来るような売り場づくりを心掛けて売り場づくりをします。
売り場づくりをしながら、欠品や品薄な商品がないかをチェックして補充をしたり、
旬な商品を目立つようにディスプレイしてアピールするのも売り場づくりの仕事です。

【生鮮商品の管理】

100円ローソンの大きな特徴は野菜や果物などの生鮮農産品を扱っていることです。
しかも扱っているだけでなく、取り扱いの品種もかなり豊富。
これらの農産品は生鮮品なので、傷みも早く、お客様に売れる状態なのかを確認する必要があります。

毎日、鮮度のよい商品を店頭にならべるために、農産品は毎日入荷します。
入荷した商品を店頭に陳列したり、商品によっては店内で袋詰めも行います。

店頭に並べてチェックするだけでなく、少なった商品の補充や、売り場が乱れていたら整えるなど、売り場の管理もします。

【清掃】

食品も取り扱うお店なので、お店を常に清潔に保つことは大切です。
お店の入り口、床、窓、レジ周辺、トイレなど、掃除する場所は沢山ありますが、
スタッフで手分けをして、気が付いた時や、他の仕事の合間に掃除をします。

【発注】

発注は経験や慣れが必要な業務なので、すべてのアルバイトが担当する仕事ではありません。

しかし、経験年数や習得レベルによっては任せられることもある仕事です。

発注はお弁当やおにぎりなどの賞味期限の短い物や、日用品や賞味期限の長い食品まで様々。

最初は簡単な所から始めて、店長や先輩に指導してもらいながら、
徐々にレベルアップしていくので、無理なく仕事を覚えることができます。

 

そこが知りたい、100円ローソンアルバイト

100円ローソンについて、仕事内容やランクアップシステムについてご紹介してきました。

仕事の様子や、やりがいを感じる仕事内容であることがおわかりいただけたかと思います。

でも、実際にアルバイトを考えた時に、疑問に思うことは沢山ありますよね。

ここでは、みんながバイトを始める前に疑問に思うことについてまとめてみます。

Q:アルバイト未経験でも大丈夫?
A:もちろん、未経験者でも大丈夫。年齢不問で、高校生も歓迎しています。
Q:どんな年代の人がバイトしているの?
A:店舗によって異なりますが、10代から60代まで幅広い年齢層の人が働いています。
Q:出勤の曜日は時間、シフトはどんな感じ?
A:面接の時に希望を聞き、お店の状況を考慮した上で決めていきます。
Q:服装など、身だしなみに規定はあるの?
A:生鮮食品と取り扱っているので、衛生面・安全面・接客面を考慮する範囲であります。
Q:面接はどんな服装で行けばいいの?
A:華美でない普段着で大丈夫です。
Q:面接の時に必要なものは?
A:写真付きの履歴書が必要です。

どうです?
疑問点は解決できましたか?

100円ローソンでは、高校生や大学生、主婦やシニアの方、外国人留学生など、様々な人が働いています

これだけの人達が活躍できるということは、それだけ応募しやすいバイト先だと言えますね。

 

バイトで目指せるランクアップ

100円ローソンでは、やりがいをもって仕事が出来るように、「ランクアップフロー」というランクアップシステムを導入しています。
その内容は次の通り。

ステップ①<ルーキー>

◆入店まもない新人アルバイト
100円ローソンでのアルバイトは、全員がルーキーからスタートします。
レジの接客、清掃尾、陳列、品出し、野菜や果物を扱う簡単な知識と基本的な業務の習得をめざす。

ステップ②レギュラー

◆基本的な業務を習得している
ルーキーから1ランクアップ。
ルーキーで習得した業務をもとに、それぞれのお客様にあった応対の習得を目指す

ステップ③サブリーダー

◆発注頻度の低い発注業務も習得している
◆状況判断して、自主的に行動ができる
サブの時間帯責任者として、りーざーが不在の時には時間帯責任者代理として、他のスタッフを支える

ステップ④リーダー

◆新人アルバイトの教育が出来る
◆主体的に行動したり、営業施策に他のアルバイトを巻き込むことができる
ルーキーのスタッフの育成や、お客様に喜んでもらえるお店づくりをスタッフと一緒に考える、リーダー的存在

このように、アルバイトのランクを設定することで、各業務に対する達成度が明確になり、
スタッフがやりがいを持って前向きに成長していけるサポートをしてくれます。

 

時給や就業時間、待遇は?

<時給>
100円ローソンの時給は、店舗の立地や地域によって異なりますが、駅近の店舗の場合、時給900円~1,000円位です。
駅近以外での店舗の場合には、時給750~850円。
いずれの店舗でも22時以降の勤務は、時給にプラス25%。
夜は高時給になるので、稼ぎやすいと人気の時間帯です。
また、アルバイト開始から当初の1カ月間は研修期間となり、
この期間中は時給がマイナス50円になります。

 

<就業時間>
100円ローソンは基本的には24時間営業なので、早朝勤務から日中勤務、夕方勤務、夜勤にわかれていて、このなかで自分の都合に合わせてシフトを組みます。

基本的には同じシフトで働くので、今日は日中勤務で、明日は夜勤、などバラバラの時間帯でシフトを組むことは通常ありません。

 

<待遇>
  • 駐車場が設けられている店舗の場合には、自動車通勤可能な場合アリ
  • 社員割引の適用
  • 正社員登用制度あり
電車やバスの公共機関が整っていない地域では、自動車通勤が出来ることは助かります。
また、社員割引でもともとお得な商品をお買い得に買えることは嬉しいですよね。

 

バイト中の身だしなみについて

スーパーやコンビニ、100均などの機能を併せ持つ100円ローソン。
バイト中の身だしなみについてはどのようにしたらよいのでしょうか?

◆髪色
派手めなヘアカラーでなければ茶髪でも大丈夫です。

◆アクセサリー
禁止はされていませんが、食品を扱う仕事なので、ピアスや指輪、ブレスレットなどの
アクセサリーはあまり望ましくありません。
極力控えた方がよさそうです。

◆服装
制服が貸与されるので、洋服については悩むことはありません。
勤務中のサンダルやクロックス、ヒールは禁止されています。

それほど厳しい規定はありませんが、やはり生鮮食品を扱うお店なので、清潔感が第一。
お客さんが不快な思いをしないような、きちんとした身だしなみを心掛けましょう!

 

まとめ

「100円ローソン」こと「ローソンストア100」について、アルバイトの仕事内容やその魅力などについてご紹介してきました。

コンビニでもない。
スーパーでもない。
100均でもない。

何となく中途半端な感じがしていましたが、それぞれのお店のいいところが集まった集大成のお店であることがお分かりいただけたと思います。

アルバイト未経験の人はもちろん、今までにコンビニ、スーパー、100均で働いた経験がある人は、すぐに即戦力として働くことが出来るでしょう。

ランクアップ制度や社割など、お得なことも沢山ある100円ローソンのアルバイト。

スーパーやコンビニ、100均のアルバイトで迷っている方はぜひ、
100均ローソンのアルバイトを考えてみてはいかがでしょうか?

 

100円ローソンバイトのメリット・デメリット

100円ローソンのアルバイトについて、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

【メリット】

①タバコの取り扱いがない

私はタバコを吸わないので、銘柄なんて全くわかりません。
コンビニのタバコの陳列をみると、番号が振られているけど、実際に買っている人は番号でなんて注文しない。
同じような名前やパッケージがたくさん並んでいるので、
たばこの注文がくるだけでもたもたしてしまいます。

100円ローソンはタバコの取り扱いをしていない店舗が多いのです。
私の地域になる店舗にも、タバコは置いてありません。

今時タバコを置いていないのは珍しいですが、
アルバイトとしては負担が減って嬉しい限りです。

②おでん販売がない

コンビニと言えば「おでん」
100円ローソンにはおでんの販売がありません。
おでんを販売するコンビニは、仕込みから補充、レジ打ちと大変な作業があります。
100円ローソンは冬に頭を悩ませるおでんの販売がありません。

③ロッピーがない

コンビニって商品の販売以外でも沢山取り扱っているものがあります。
映画やコンサートのチケット、各種支払いなど。
それを可能にしているのがロッピー。(ローソンの場合)
お客さんは内容を分かって打ち出し、次々にレシートを持ってくるのですが、
スタッフは何枚もあるレシートの処理に追われます。
同じようなレシートに控えや領収書などがあり、何がなにやら。
私もコンビニのチケット発行や荷物の発送で結構待たされるので、
この作業って大変なんだろうな~と薄々感じてはいます。
そのめんどくさいレシートを発行するロッピーがないんです。
それだけでなんだか未来が明るくなった気がします。

【デメリット】

①鮮度管理が必要な商品が多い

100円ローソンの売りでもある、新鮮野菜や果物。
これらの生鮮食品は鮮度をチェックしたり、入荷も頻繁だったりと管理が大変です。
コンビニよりは売り場の管理に手がかかります。

②一人当たりの購入数が多い

普通のコンビニだと、カゴいっぱいに商品を購入する人はあまりいません。
しかし、100円ローソンでは、商品の単価が安いので、大量買いする人も多く、
レジ打ちや袋詰めが大変なこともあります。
コンビニと比べると大変なこともありますが、スーパーに比べればかなり楽です。
どのお店と比べるかで、気持ちの持ち方も変わりますよね。

 

ローソン系列店でバイトしていた方の口コミをまとめました

【2018年5月18日追記】

さて、ここからはローソンやナチュラルローソンで働いていた方の口コミをご紹介しようと思います。

ローソンに限らず、コンビニのアルバイトを始めるにあたって不安を抱いている方は多いと思います。

また、すでにローソンで働いている方でも、自分の待遇に不満を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方たちの不安や不満を解消するためのお手伝いとして、実際に働いている方の意見を聞いてもらおうということです。

同じローソンでも、店舗やオーナーによって働き方が変わってくるのは以前申し上げた通りです。

経験者の口コミを見ることで、他の店舗の方がどういった待遇で働いているのかを知るいい機会になるはずですので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

※口コミ情報は随時更新予定です。

 

ローソン本厚木駅前店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:ローソン本厚木駅前店

Q2:当時何歳でしたか?
A2:20歳代半ばでした。
 
Q3:時給はいくらでしたか?
A2:夜勤メインでのシフトで、夜10時以降から朝5時までは時給1100円でした。ときどき日勤でも勤務することがありましたが、その際は950円計算でした。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:基本的に夜勤帯のメンバーは曜日固定です。その中でシフトを変わって欲しい場合は別の夜勤帯メンバーと相談する、といった形でした。日勤帯は比較的人員が多かったので、融通が利きやすかったようです。旅行などの連休を取りたい際は事前に店長に相談しておけば、他のメンバーに話をつけてくれたので自分でどうしても変わりを探さないと休めない、といったわけではなかったので助かりました。
 
Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:はじめはレジ打ちがメインです。慣れてくると品出しや商品の整理、モップがけなどの細かい仕事をするようになり、もっと慣れると商品の発注までやっていました。
発注の仕事はお店の売れ行きや季節やブームを考える必要があったので難しかったですが、楽しかったです。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:納品された物を品出しする際はしゃがんだり重いものを運んだり大変で、その合間にレジ打ちもしていたので休んでる暇はほとんどありませんでした。また仕事内容が多いので、全てを覚えてこなすまでに時間がかかります。また接客業なのでモラルのないお客様が来た時等の対応は不快に感じることも多かったです。夜間帯は酔っ払った方も多く、絡まれることもありました。
 
Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:学生バイトが多いので和気あいあいとした雰囲気でした。午前中は主婦層、午後は高校生、夜勤は大学生、といった感じで時間帯によっても雰囲気がだいぶ変わります。
ただみんな若い分、盗難などの事件もあったのでそこは警戒していました。
 
Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:接客という意味では他の仕事にも活きると思いますが、なにぶん忙しく丁寧に対応している暇もないのでしっかりした接客が身につくかといえば怪しいです。
 
Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:バイトだったので特にありません。割引や廃棄物の持ち帰りなどもありませんでした。
 
Q10:楽しんで働けましたか?
A10:忙しいなりにいろんな商品を見て、お菓子にくわしくなったり、他のバイトメンバーと仲良くなったり楽しい面もたくさんあります。
 
Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接は写真付きの履歴書を持って行き、店長と1対1で行いました。とくに堅苦しい雰囲気ではなくラフに話したのを覚えています。
志望動機も時給と夜勤帯で働きたかった、という漠然とした理由でも通してもらえました。
 
Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:派手なものはダメでしたが、目立たない程度であればピアス、ネイル、髪染め特になにも言われませんでした。不潔に見えるものは注意されたかもしれません。
 
Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:店長に相談して、他のメンバーが代わりに入ってくれれば取れるというシステムです。体調不良などで当日の休みは店長が代わりに入ってくれていたと思います。
 
Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:一回に勤務する人数が多くても3人なのであまりいろんな方と仕事をして出会いがある、というわけではないと思います。その気があれば友達はできます。
 
Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:楽ではなかったです。なにかしら細かい作業はたくさんあるのでぼーっとしている時間はありません。
 
Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:友達が増えたこと、お菓子に詳しくなったこと、お金を貯められたことです。
 
Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:人間関係がよかったことです。忙しかった分お互い過度に干渉することもない分楽でした。夜勤帯は時給もいいので稼ぐために頑張っていました。辞めたのは単純に自分の生活環境が変わったからであって、嫌で辞めたわけではありません。
 
Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:コンビニであればだいたいどこも同じ感じだと思います。なのであの店がオススメ!というよりはコンビニバイト全体ですすめます。

以上、アルバイト経験者の貴重なクチコミでした。

 

ローソン勝島1丁目店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:ローソン勝島1丁目店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2015年2月から2018年2月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:1020円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:シフト制と言うよりは固定制だったので、時間の融通は利きにくかったです。休む場合は、自分で代わりのスタッフを見つけてシフトの相談をしたうえで変更などをしてもらえました。2か月前に報告すれば休みをもらえる場合もありました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:レジでの接客をメインにして品出しや冷食の検品作業、フライドフーズの用意や鮮度管理、消耗品の発注、レジ内の定期的なお金の点検作業などです。レジでの接客が殆どで、速やかにレジの対応を心がけて時間が来ると別の作業を行う感じでした。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:多くの人が訪れるコンビニだったので、昼や夕方は忙しくバタバタしながら仕事をしていました。きついことはクレームを入れられる事で、対応がうまくいかない時に精神的にきつく酷いことを言われる事も良くありました。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:スタッフ同士の人間関係は良かったです。それぞれの仕事を分担して譲り合い、コミュニケーションをとりつつ仕事が出来ていたと思います。店長を含めて全体的に仕事に対して、それぞれモラルは守られていたと思います。



Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:人と接する仕事なので、レジで毎回知らない人と話して、揚げ物やおすすめなどを提案したり、短い時間でコミュニケーションを図るので、総合的なコミュニケーション能力として大きくスキルアップできたと感じています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:福利厚生は雇用形態がバイトであった事から特にありませんでした。給与以外で得したことは、販売期限の過ぎた弁当などを持ち帰る事が出来た事です。店長も含めて禁止ではなかったのでスタッフでも持ち帰る人は多かったです。



Q10:楽しんで働けましたか?
A10:仕事は楽しんで働けました。人と話すのが好きになり、スタッフも和気あいあいとして、助け合って仕事が出来ていました。忙しいことや辛いこともありましたが、スキルアップや経験として役に立ったとも感じています。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接は、店長との個人面接でしたが、10分程度の簡易なものでした。聞かれた内容としては、志望理由とシフトに入れる時間でした。志望動機はシンプルにお金を稼ぎたい事、家から近いと言う事を正直に伝えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:服装の規定としては、短パンがダメでしたが、それ以外の規定はなく、ラフな服装でも問題ありませんでした。基本的にエプロンをするので、シャツが良いと言われたので、スタッフはシャツで仕事に来ていた人が多かったです。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:休みは取りにくかったです。固定なので、基本的に週に入る回数は決まっているので、休む場合には2、3か月前に連絡をして店長が良ければ休みをもらえると言うものでした。基本的に自分で代わりの人を探す必要がありました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:出会いなどはスタッフ同士でカップルになった人もいますので、スタッフ同士であれば機会はあると思います。夕方は2人になるので話すことも多く仲良くなれる環境であると言えます。客との出会いは難しいと思いますが可能性はあると思います。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:仕事中は基本的に忙しかったです。年末や連休などは客の数が減るので暇なときもありましたが、レジを回すのがやっというほどに忙しいです。忙しい事で時間がたつのが早く感じて、大変ですが暇よりはましかとも思います。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:働いてみて、人と話すことが好きになりました。コミュニケーション能力も大きく向上したと実感できていますし、客に有難うと感謝の気持ちを言われるとやりがいに繋がりますし、辛いこともありましたが、良い経験が出来たと思います。



Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:頑張れた理由は、お金の為が一番大きかったと思います。
バイトをすればするだけお金をもらえるので、モチベーションは高かったです。辞めた理由は、年齢的な事を考えて転職をしないといけない気持ちが出てきたからです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:働いていたバイト先は、お勧めします。人間関係も良く働いていて楽しく感じられます。時給も高いので、人と会話する事が好きな人であればおすすめの職場と思います。でもシフトの融通は早めに相談した方が良いと思います。

 

 

ナチュラルローソンエソラ池袋店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:ナチュラルローソン・エソラ池袋店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:6カ月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:1050円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:2週間ごとのシフトが出るようになっており、入社時に曜日を固定して契約をするシステムです。ただし、自身の都合に合わせて相談し、変更してもらったり、交代してもらうことは問題なくできていました。自身の急病のときも、フォローしてもらい助かりました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:コンビニエンスストアの店内業務が主です。7時に開店のため、朝6時に出勤、開店準備を行います。3人くらいのシフトで回していましたので、遅刻や欠勤があっても開店できないということはなかったです。開店した後は主にレジ、品出し、廃棄作業などを行っていました。



Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:有楽町線の改札付近でしたので、その時間に合わせた来客数によっても変わりますが、そこまで忙しいとは感じませんでした。きついことは、急いでいるお客様もいるため、まごつくと迷惑をかけてしまうことです。わかる人にすぐに相談することで解決できます。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:店長も含め、LINEを使ってのシフト交換や連絡などを従業員同士で取り合って頂いたので、人間関係は円滑だったと思います。
モラルも、よく守られていました。短い時間しかシフトには入っていませんでしたが、みんな友好的に接してくれました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:接客スキルはついたと思います。ただ、コンビニでの仕事は、さまざまなものがあり、覚えることが多く大変でした。お客様の前でわからないということは、言えないので、情報をいつも新しく確認しておくスキルはつきました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:週に1日というシフトでも有給休暇の付与がありました。日数は少ないですが、きちんととれるように配慮してもらっていましたので、満足しています。社会保険には、週の勤務時間で加入の可否が変わるので、自由に加入できればいいなと思います。つまり社会保険はあります。



Q10:楽しんで働けましたか?
A10:従業員同士も仲がよく、病欠や遅刻などがあっても、お互いがフォローしあうという体制が整っていました。半年間という短い期間しかいませんでしたが、とても楽しく働くことができました。今でも時々お店によることもあります。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:ローソンで規定されている面接用紙に従って、面接されていたようです。労働基準や、有給休暇、シフトなど、説明するべきところはすべて漏れなくご説明いただきました。志望動機は、生活の足しにと思っていたのですが、特に聞かれませんでした。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ナチュラルローソンというブランドから、普通のローソンよりも厳しいという印象でした。髪の色も規定がありました。飲食を扱う業務でもありますので、爪を切っておくことは必須でした。ユニフォームが決まっていたので、デニムでなく、チノパンを準備する必要がありました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:病欠などで急遽休みをとるときにもLINEのメッセージで連絡先をみんなが共有していたので、お店が開店前でも連絡して、了承をもらうことができました。店長がフォローでシフトにも入ってくれたりもしていましたので、取りやすかったです。事前に相談すれば、取れないことはありませんでした。



Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:短い時間でのシフトでしたので、あまり出会い、恋愛はなかったです。ただ、夕方の勤務の時間は男性スタッフもいたので、出会いもあったかもしれません。早朝の時間は女性が多いお店でした。
忙しい時間だとなかなか出会いの場はないと思います。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:通勤のお客様を接客するため、クレームなどはあまりなかったですが、せかされることはあります。曜日によって暇な時間もありますが、ワークスケジュールが決まっているので、その仕事が終われば、掃除などもしていました。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:収入の面で少しでも助けになったので良かったです。また、お店の雰囲気もよく、とても働きやすいお店でした。立地もよく、通勤時間が短いことはメリットだったと思います。交通費も全額お店負担でしたので、とても助かりました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:人間関係がとてもよかったことだと思います。時給の面でもコンビニの仕事にしては高い方だったので、朝型の私にはピッタリでした。辞めた理由は、店長が変わり、シフトの融通が困難になってきたこともあり、また、お店の雰囲気も少し悪くなったからです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:コンビニエンスストアの仕事は多くのことを覚えたり、臨機応変に対応することを求められます。お金に関わる仕事でもあるので、責任も重いと思います。今でも人間関係が良いのであれば、お勧めできる職場です。少しお小遣いを稼ぐには良いと思います。

 

この記事を書いた人

チワワ

節約を心掛けていても、単価が安いとついつい買いすぎちゃいますね。

 

100均のバイトは大変?楽しい?キャンドゥのバイト詳細まとめ

100円ショップでバイトするなら…?

【2018年5月15日追記】新たに三軒茶屋のキャンドゥでバイトしていた方の口コミを追記しました。

皆さん!100円ショップはお好きでしょうか?

 

私は大好きです!100円であれだけの生活雑貨や食品が手に入るなんて素敵すぎではありませんか?100円ショップが世に浸透し始めた頃から、私はすっかり何を買うにしても100円ショップにお世話になっているところはあります(笑)。

 

特に引越しをして新生活を始めるときなど、100円ショップってとても有難いですよね。

 

ホームセンターよりも安く、かつ多くの生活雑貨が種類豊富にそろっているので、かなりお手頃に必要なものを買いそろえることができてしまいます。

 

私は過去に引越しを二度経験していますが、引越し直後は100円ショップに直行する毎日でした(笑)。

 

 

そして100円ショップの中では、断然キャンドゥ推しです。

 

100円ショップはダイソーやセリアなど、他にもいろいろ大手ショップはたくさんありますが、なぜキャンドゥかというと、家の近くにあるおかげで一番お世話になってきたからです。(めっちゃ個人的でスミマセン)

 

今回は、そんなキャンドゥのバイトがどうなっているのか、詳しくリサーチしてきました。

 

ぜひ私以外のキャンドゥ推しの方のために、キャンドゥのバイトの魅力をお届けしていきたいと思います。よろしければお付き合いくださいませ。

 

 

キャンドゥとはどんなお店?

100円ショップと言えば、どのお店が思いつきますか?

 

  • キャンドゥ
  • ダイソー
  • セリア
  • シルク
  • ローソン100

 

などなど、チェーン展開している大手ショップはたくさんあります。

今回ご紹介していくキャンドゥは、東京を中心に全国に店舗を構えており、その数は900店舗以上に及ぶと言います。店舗数だけでも、かなり名の知れたお店であることが分かりますね。運営会社は株式会社キャンドゥです。

 

ちなみに・・・100円ショップのシェアって気になりませんか?ちょっと気になりますよね。

 

シェア第3位まで紹介すると、こんな感じになります↓

 

★第1位…ダイソー(店舗数3000以上)

★第2位…セリア(店舗数1400以上)

★第3位…キャンドゥ(店舗数900以上)←ココ!!

(※2018年2月現在)

 

そう、今回注目のキャンドゥは100円ショップのシェアだけで言うと、第3位にランクインしています。

 

ダイソーは言わずもがなの大手ですね。先駆けというだけあって一人勝ち状態です。

セリアも女性向けのお洒落な100円ショップとして、近年とても話題でしたよね。その影響もあって、ぐぐんと店舗数を伸ばしたと言います。

大手ダイソーがいて、女性向けのセリア。そしてそれに続くキャンドゥ。上の二社には確かに適いませんが、店舗数を見る限りでは十分有名店であることが分かりますよね。

 

キャンドゥの仕事内容とは?

では、肝心のバイトの内容について紹介していきましょう。まずは大事なバイトの仕事内容です。

キャンドゥの仕事は基本的に、

  • レジ
  • 品出し
  • 問い合わせ対応
  • 清掃

これらがメインの仕事になります。中でもレジと品出しはキャンドゥのお店を回していくうえで絶対に欠かせないお仕事です。

レジ業務を中心に行いながら、お店を巡回したり、問い合わせ対応も行っていく感じですね。ただ、基本的にはどの仕事をいつ担当するかなどの流れは決まっているようなので、そういったタイムスケジュールに従って仕事をしていくかたちになります。

ただ、流れがあるとはいえ、ひたすらその流れ通りに仕事をしているとうまくいかないことも出てきます。

「今品出しをしなきゃいけないのに…」という時に、お客さんから「あの商品はどこにあるの?」と聞かれては困ってしまいますよね。このようなときには臨機応変に対応する姿勢が求められます。

 

「今から品出しなんで」とお客さんの問い合わせに答えないわけにはいかないですよね。柔軟にお客様対応をしながら、決まった仕事をこなしていく必要があります。

 

キャンドゥのバイト時給はいくら?

キャンドゥのバイトの時給は、都心で大体900円前後といったところですね。

地方だと、時給700円~800円ということも珍しくありません。というのも、基本的には誰でもすぐに覚えられる仕事が中心だからでしょう。

 

100円ショップはとにかく商品がたくさんあるので、商品がどこにあるのか覚えるまでは最初大変かもしれませんが、慣れてしまえば難しい業務はそこまでないようですね。未経験でも十分働くことができます。

 

ちなみに交通費も支給されます。ただ、1日往復1000円までという規定があり、また学生の場合は定期の区間外のみ支払われるかたちになります。

そして、キャンドゥの給料日は25日で、締め日は15日です。つまり、毎月15日を締めとして、その月の25日に給料が振込で支払われるようになっています。

 

キャンドゥでバイトする際に注意しなければいけない点とは…

キャンドゥのバイトには、ちょっとした時間の規定があります。キャンドゥの社内規定で、長期のアルバイトの契約には時間の制限があり、1週間に30時間しかアルバイトは基本的に働けないことになっているのです。

1週間に30時間というと、例えば

 

8時間勤務だと、週3日勤務
5時間勤務だと、週4日勤務

 

こんな感じですね。

残念ながらキャンドゥではフルタイムでバイトすることができませんので、このあたりは応募する際に十分注意しておきましょう。

 

ですが、時間の限られている学生・主婦にはありがたいですよね。実際、キャンドゥでは学生さん、主婦さんが多く働いていると言います。

 

キャンドゥで高校生はバイトできる?

キャンドゥで高校生はバイトできるのでしょうか。日頃からキャンドゥにお客さんとして通っている高校生も多いでしょうし、「バイトしたいなぁ~」と興味がある人も多いですよね。

 

答えはと言うと、店舗によります。

 

一応採用しないという方針が決まっていないわけではないようですね。店舗によってどんな人を採用するかの方針が異なるので、近くの店舗の求人を見つけたら、高校生でもバイトできるのか問い合わせてみるのが一番でしょう。

 

キャンドゥでバイトする際の身だしなみは?

キャンドゥでバイトする際には、制服が支給されます。ただ、制服と言ってもエプロンのみなので、基本的には規定に従って私服を用意していく必要はあります。

 

エプロンさえつけていればどんな格好でもOKというわけではないので注意しましょう。

基本的にはシンプルで控えめな服装を指定されるようです。女性の方のスカートは認められておらず、ジーンズやチノパンで仕事をすることが基本みたいですね。

シューズも必要です。派手でないタイプのもので、履き慣れた運動靴が望ましいでしょう。

 

髪色の規定は店舗にもよってさまざまですが、基本的には明るすぎない色なら「黒じゃないとダメ!」と言われるようなことはないようです。ハメをはずしすぎない程度なら、OKしてくれる店舗も多いみたいですね。

 

アクセサリーやネイルもあまりOKはされないみたいです。基本的には清潔感のある恰好で、お客様に不快感を与えないことを考えて、身だしなみを整えると良いでしょう。

 

キャンドゥのバイトって大変なの?評判は?

とにかく商品の数が多いので、覚えるのが大変です。最初はどこに何があるのか全く分からず苦労しました。ですが、だんだんと覚えてきて、お客様の問い合わせに即答できるようになってきたときは嬉しかったですね。

 

残業も基本的にはないので、気持ちよく働くことができました。バイトメンバーとも仲が良くて、忙しいときは助け合いながら楽しくバイトすることができました。

 

商品を覚えてもちょくちょく入れ替えがあるので、お客様から問い合わせを受けた際、困ることも多かったです。レジはひたすらやる感じなので、覚えれば結構ラクでした。

 

とにかく100円ショップはキャンドゥに限らず、商品の場所を把握するのに苦労するようですね。。

私の友達も別の100円ショップでバイトしていましたが、「レジしながら場所を聞かれるから困る!!」と嘆いていました。

 

よく100円ショップに行く私は分かりますが、確かに店員さんが困っている様子もよく見かけますよね…。レジしているのに別の方向から聞いてくるお客さん。。。確かにそれにはかなり困りそうです。

ですが、周りのスタッフさんが助けてくれるのも確かですし、仕事に慣れてくれば、そんな状況もうまくコントロールできるようにもなるみたいですね。

 

キャンドゥのバイト面接はどうなってる?

キャンドゥのバイト面接は、基本的に一般的なバイト面接と同じような感じみたいですね。

履歴書を持参していって、

 

  • 志望動機
  • シフトの希望
  • 土日入れるか
  • 前職の退職理由

 

などなどを聞かれることが多いようです。

キャンドゥは接客が中心の仕事ですから、しっかりとこのあたりの受け答えができていて、良い印象を与えられれば、採用される可能性は上がるでしょう。

 

キャンドゥの面接にはテストがある?!

ちなみに、他のバイト面接と違う点があるとすれば、キャンドゥのバイト面接では採用のための筆記テストを設けているところがあるようです。

 

ただ、テストと言っても変に構える必要はありません。お店で仕事をする人として、一般的な学力を見るだけなので、義務教育を受けていれば誰でもとける内容だと言います。

そして満点を取らなければ落とされるというわけでもありません。採用のための参考程度なので、一般常識・学力に問題がないと判断されれば、採用を迷われるようなことはないでしょう。

 

どんなことを言っても、最終的に重要視されるのは人柄です。筆記テストもしっかりとこなさなければいけませんが、面接のときも明るく元気につとめることができるのが一番ですね。

 

まとめ

キャンドゥのバイトについて今回はご紹介させていただきました。

 

私のように日常的に100円ショップに通う人は多いでしょうし、もともとキャンドゥでのバイトに興味があった…という人は結構たくさんいるのではないでしょうか?

仕事内容も基本的には誰でも実践できることばかりなので、バイト初心者の人・バイトにブランクがあった人にもピッタリですね。

 

商品の数は多くて大変ですが、たくさんの生活雑貨に囲まれて仕事するのもとても楽しそうです。お買い物好きな人は「あっこんなの買ってみたい!」という発見が仕事中にもたくさんできてしまいますね。いろいろな生活雑貨を眺めるのが好きな人にもとてもオススメですよ。

 

chocomint

バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

 

実際にキャンドゥでバイトしていた方のQ&A形式の口コミ

【2018年5月15日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:キャン・ドゥの三軒茶屋店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:半年ほど

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:1000円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:シフトは自分で申告して決めれるので融通が利くほうだと思います。また他のバイトメンバーと都合が合えば決まっていたシフトも自由に変更することができたので、事情が変わっても休ましてもらったり時間を変更したりできました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:主に、入荷された商品を開封し、商品棚に陳列するが多かったです。お客様の対応やレジの対応など普通の雑貨屋さんとやることは変わらなったのですが、店内が狭くていつも込み合っているので、その中でお客様の対応と商品の陳列などが大変でした。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:店内がもともと狭く、陳列している商品が多いので動きにくく、またお店はいつもお客さんがたくさんていて込み合ってて大変でした。陳列する商品も通路に出しっぱなしだと、お客様が通れないので、陳列もスピードが勝負のような感じでした。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は特に悪くなかったと思います。仕事が忙しく、みんなバタバタしているので助け合うという感じでした。主婦の方もいましたが若い学生の子もいて、仲良く働けていたと思います。モラルも特に悪い感じがあったとは思いません。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:今はやりの100円均一の仕組みのようなところが学べて良かったと思います。どのように在庫の管理をして、店頭に出して、売り切れのものを発注したりして、流通のお仕事の内容みたいなのも知れて良かったと思います。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:福利厚生などは特にありませんでしたが、時給は良かったので不満に感じたことはありません。はやりの100円均一で働いていたので、そういったところの仕組みとか、100円均一で流行っているものや、新商品などがいち早くしれて良かったと思います。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:とっても楽しく働けました。仕事の内容も上記に記しましたが、流通のお仕事的なところも勉強できましたし、雑貨屋さん的なところも経験できました。また、メンバーも和気あいあいとしていて話しやすかったですし不満は感じませんでした。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接では、大体どこも同じようなことを聞かれた感じです。働ける時間や曜日、どのような職務経験があるかか、どんなことに興味があるかなど。志望動機は近所に住んでいたことと、100円均一が好きで、中身を知りたいと申したと思います。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:服装も特に厳しいことはありませんでした。あまり汚くはない服と、スカートではなく動きやすいパンツをはき、動きやすい靴をはいて、お店の名前が入ったエプロンをつけていました。エプロンは無料で貸与されていました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:休みはとりやすかったです。シフトを自分で申告できるので、入れる日を申告しました。他のメンバーと都合が合えば決まったシフトでも、自由に変更することができました。もちろん上司の許可は経てのことでした。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:出会いなどはあるとはいえないと思います。働いてる方は女性の方ばかりですし、男性と言えばお客さんくらいですが、お客さんも女性が多いと思います。店内はいつも忙しい感じですので、男性が来られても何か話すなどもできなかったと思います。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:仕事は、楽とはいえないですし暇ではありませんでした。早朝以外は基本的に店内は混んでいますので、お客様の対応と、商品の補充や陳列であっという間に時間は過ぎましたので、暇でぼーっとできるというお仕事ではないと思います。
 

キャン・ドゥの三軒茶屋店の外観
出典:世田谷区三茶周辺100均ガイド

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:上記でも記しましたが、色々な経験が出来ました。100均は流行っているので、流行の最先端を知ることが出来た感じですし、流通のお仕事も知れたと思います。難しい業務ではなかったですが、今後もスーパーとかで働く際にも応用できると思います。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:お金が必要でしたし、100均はとても流行っているので、流行の最先端を知ることが出来ました。人気の商品はすぐ売り切れましたし、みなさんが同じものを購入してるなと思うことはとても楽しかったです。流通の勉強になり将来役立てれるかなとも思いました

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:おススメできます。三軒茶屋の駅から近いですからアクセスも便利です。お時給も仕事内容を考えると結構高いと思いますし、働いてる人たちもみんないい人ばかりでした。100円均一で働きたいと思う方なら是非お勧めです。

【イケメン・可愛い=モテる】その時代は終わり。バイト先でモテる人はこうしている。

バイトでモテたい人、集合!


バイトをやっているみなさん、こんにちは! 突然ですが、バイトでモテるようになるテク、興味ありませんか?ありますよね?!

バイトで気になる人がいるけどまったく振り向いてもらえない、という悩みがある人はひとまずこれを読んでみて。

これから紹介するのは、いくつものバイトを掛け持ちした私が、どこのバイトにもいる「モテる人」をリサーチしてたどり着いたモテテクです。

バイトは、いわゆる「仕事」を通して、普段の自分とは違う一面をアピールできる絶好の環境なんです!

その「バイト中」という時間を武器にできるモテテクをお教えしたいと思います!

「仕事ができるやつがモテる」は鉄則!

会社でもバイトでも、仕事ができる人はモテます。言われなくてもそんなことわかるよ!と突っ込みたくなるのはちょっと待って。さらに、「自分は仕事ができるタイプではないから…」と落ち込むのも少し早い!バイトで仕事ができる人になるのは、意外と簡単なのです。

あるデータでは、学生時代に1年以上バイトを続ける人は39%と言われています。半分以下は1年もしないでバイトをやめていってしまうのです。

そう、バイトは1年以上続ければだいぶ仕事ができるようになります!不器用で、はじめはうまくこなせなくても、1年も続けていれば身体が仕事を覚え、スムーズにこなせるようになるのです。

さらにバイトは会社とは違い、人の入れ替わりが激しいことも特徴です。まだバイトに慣れていない人が、1年以上バイトを続けている人慣れてる人を見るとどう見えるか…想像は、できますよね?

バイトにどこにでもいる、フリータ歴十数年、なんていう年上の人たちがやたらかっこよく見える、というのもこの原理です。

仕事ができなかった人こそ、続けるとかっこよく魅せれる

バイトを続けて仕事がこなせるようになってきた頃、その頃がモテタイミングです。

1年の間に、60%の人がやめる、ということは何人か新しくバイトに入る人もいるわけですから、新人に気を配るようにしましょう。

バイトに慣れてきても、自分が仕事をできなかったときのことを忘れてはいけません。それこそがモテの極意です。

ねらい目は、新人がミスをしたとき。「自分もそのミスしたことあるよ!そのときはね…」とすかさずフォローしましょう。その言葉ひとつで「この先輩、仕事ができてさらに優しい…」とイメージを植え付けることができます。嘘だと思って試してみてください。

さらに、新人がミスをして落ち込んでいたら、バイトあとにフォローの連絡を入れる、もしくは励ましにご飯や飲みに誘うことで、あなたのモテポジションは不動のものになるでしょう。

バイトをしているとき、社員に惹かれてしまった経験がある人はいませんか?社員は、バイトのミスをフォローする立場にありますよね。「自分のミスをかばってくれた…!」なんていうのは、バイトで1番よくある恋愛の始まり方です。

気になる人がいたら、ひたすら頼れ!

先ほどまでは、バイトを続けた際のモテテクをご紹介しました。次は、バイトに入りたてでも、手っ取り早くモテたい!という人のためのモテテクです。

バイトに入りたてで、仕事をまだ覚えきれていない、よくミスをしてしまうという人は、ひとりの人に頼るようにしましょう!

これには人の習性が関係しておりまして、人間は、「気持ちと行動が矛盾する」ことに対して、とても不快な気持ちになる、というものあります。

つまり、仮にもし嫌いな人に頼られても、「助ける」という行為を行うと、「自分はこの人のことが好きだから助けたんだ」と脳が勝手に錯覚していくのです。これは活用するしかないですよね!

さらに、人間は特別扱いに敏感な生き物。相手が自分に好意があるのかも…と感じることで自分も気になり始める、ということはよくある話です。

「この人、自分にだけよく頼ってくるな…」と思わせることで、相手にも意識させることができるのです。

サークルや部活でも、「一女(1年女子)はモテる」ということはありませんか?それは、一女が故に、先輩に頼ることが容易にできるからです。

人は頼られると嬉しいもの。気になる人がいたらどんどん頼っちゃいましょう!

バイトはまじめに、そして不真面目に。

最後にご紹介したいのは、バイトはまじめに、そして時に不真面目に、がモテる鉄則ということです。バイトにひとりは、いつもおちゃらけている人、いますよね?しかも、その人が意外とモテる、というのはよくある話。

バイトは、どうしても「面倒くさい」というイメージが先行してしまうもの。そのバイトの時間を楽しむことができると、それはいつも以上に特別なものになるのです。

学生のうちは、サークルや飲み会が楽しいのは当たり前なんです。しかしバイトの時間を一緒に楽しむことで「この人といれば、自分は楽しめるんだ!」と感じさせることができます。

もちろんバイトはまじめに。でも時には不真面目に、周りを楽しませてみることで、もうこれはバイト仲間全員から好かれること間違いなしです!(大袈裟か…?(笑))

 

以上、バイト中に使える4つのモテテクをご紹介しました。

これであなたもバイト中にモテモテなはず!

あなたのバイト生活がより一層たのしくなりますように!!